meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 日記 | ミールの行動

ミールの行動

上から順に画像を貼り付けまして自分自身の日記などを掲載しまして関連の説明文を掲載の所存でございます。 場合によりましては画像・文章などの配置が変わる事もあります。 申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 日記

puffer-8


消費税10%に上がりましたね…
我々の生活を圧迫する感じですけどね…
我々の税金で日本国を良くしてほしいですけどね…

税金に関しましての説明いたしますのでよろしくお願いいたします。

消費税
消費税(しょうひぜい、英: consumption tax)は、消費に対して課される租税です。1953年にフランス大蔵省の官僚モーリス・ローレ(フランス語版)が考案した間接税の一種でありまして、財貨・サービスの取引により生じる付加価値に着目して課税する仕組みです。

消費した本人へ直接的に課税する直接消費税と、消費行為を行った者が担税者であるものの納税義務者ではない間接消費税に分類できます。前者の「直接消費税」にはゴルフ場利用税などが該当しまして、納税義務者が消費行為を行った者でありまして、物品またはサービスの提供者が徴収納付義務者(地方税の場合は特別徴収義務者)として課税主体に代わって徴収を行いまして、課税主体に納付することとなります。後者の「間接消費税」には酒税などが該当しまして、納税義務者は、物品の製造者、引取者または販売者、あるいはサービスの提供者でありまして、税目によって異なります。間接消費税はさらに課税対象とする物品・サービスの消費を特定のものに限定するかどうかに応じまして、個別消費税と一般消費税に分類できます。

消費税
直接消費税
間接消費税
関税
一般消費税 (General Tax)[3] - VAT(=付加価値税)など
個別消費税 (Taxes on Specific goods and service)
現在では160カ国ほどで導入されまして、OECD諸国の平均では税収のおおよそ31%を占めておりまして、これはGDPの6.6%に相当します(2012年)。

日本においては、「消費税法に規定する消費税」と「地方税法に規定する地方消費税」の総称でありまして、付加価値税(VAT)のひとつに分類されます。

種類
消費は所得の存在を前提として発生することから、消費に課税することによって所得税などで十分に把握できない所得に対して間接的に課税することになります。ただし、所得の中には貯蓄に回される部分があるために、所得の大小と消費の大小は必ずしも一致せず、消費者の消費性向が実際の消費税の負担に対して影響を与えます。

一般消費税
一般消費税は、さらに以下に分類されます。

単段階課税
・売上税 - たとえば小売売上税では、最終消費者への小売者のみが徴収納付義務者
多段階課税
・付加価値税(Value-Added Tax, VAT)、もしくは物品サービス税(Goods and Services Tax, GST)
かつての日本の経済学では一般売上税(general sales tax, GST)とも呼ばれていた税方式がモデルとなっています。一般売上税の課税方法として製造・卸売・小売の各段階のいずれか1段階で課税される単一段階課税と2つ以上の段階で課税される多段階課税があります。

多段階課税を採用した場合、次の段階に税負担を転嫁させていく「ピラミッド効果」が発生しまして、それぞれ異なる商品に同じように課税をすることによって商品に対する税負担の格差が生じることになります。こうした問題点を解消するために、納税義務者はその売上げに係る消費税ではなく、差額に係る消費税を納税する方法が考え出されました。これが今日の一般消費税(VAT)です。一般消費税は付加価値の算定方法により所得型付加価値税と消費型付加価値税に分けることが出来ます。前者は仕入計算時において資本財の控除は減価償却分しか認められないが、後者では資本財全額が控除の対象となりまして、消費部分のみが課税対象となります。

消費税と一般消費税は外見的には類似していますが、一般消費税には所得に対して課税する所得税や法人税などの直接税に対する批判に由来する代替的な要素も含まれています。所得に課税する場合には、納税者がそもそも正直な所得の申告をしまして正確な納付をしているかを把握するのに行政側のコストがかかりまして、公平性・水平性の点でも問題が多いです。直接税に批判的な人々は「消費による支出を通じてより正確な所得が把握できる」という考えから一般消費税による代替を求めます。

一般消費税が初めて導入されたのは1954年のフランスですが、その前身は1917年に導入された「支払税(la taxe sur les paiements)」です。その後、1920年に「売上税 (la taxe sur le chiffre d’affaires)」、1936年に「生産税(la taxe à la production)」と名称を変更しながら現在の形になっていきました。その後、1967年にEC閣僚理事会においてフランスと同様の消費型付加価値税に基づく一般消費税を中心とした加盟国間の税制統一運動の推進が確認されまして、この方針に基づいて1968年に西ドイツが一般売上税を一般消費税に変更しました。

これをきっかけに1969年にオランダ、1970年にルクセンブルク、1971年にベルギー、1973年にイギリス・イタリアと加盟国間において一般消費税への転換が進みました。日本でも10年に及ぶ議論の末にVAT型の消費税が1989年に導入されることになりました。

個別消費税
個別消費税(Selected excise duties)は特定あるいは一群の財貨・サービスに対する課税です。課税の対象になる財貨・サービスは特定的で税率も統一されていません。税率は、量、重さ、強度、オクタン価、アルコール度数などが基準として使われています。

この方式で課税される対象としましては3つの分類が考えられまして、酒や煙草のような嗜好品に賦課する「嗜好品課税」、ガソリンのように応益原則・受益者負担の原則に基づいて特定の公共サービスを行うために関連した商品・サービスにかける「目的税」、その他の物を対象とした「奢侈品・娯楽用品・サービス課税」と呼ばれる奢侈品や日常生活で用いられていますが生活必需品とはいえない商品に課されます。かつて日本に存在した物品税の多くがこれに含まれています。

個別消費税は、元は内国消費税(excise)としまして、16世紀末期にスペインからの独立戦争を継続していたオランダで軍費調達のために始められたと言われています。イングランドではこれを範として内国消費税を導入して財政難を克服しようとしました。これに対する英国議会の反発が、清教徒革命へと発展しますが、皮肉にも革命軍の軍事費を得るためにジョン・ピムやオリバー・クロムウェルが採用したのが内国消費税でした。

その後、王政復古期に王権と議会の対立の原因となっていました徴発権などの国王大権を国王が返上する代わりに内国消費税の半分を国王の生活のための供与金として認めることで合意が成立しました。その後も財政難を理由として何度か内国消費税の引き上げが行われました。1733年に当時(初代)の首相ロバート・ウォルポールが地租の削減・廃止と関税の引き下げの代償に更なる内国消費税の大幅引き上げを図りました。

これに対して政敵のボリングブルック子爵が噛み付きまして、民衆も生活苦から暴動を起こす騒ぎとなりましたためにウォルポールは提案を撤回しました。これを「消費税危機」(excise crisis)といいます。産業革命以後には産業育成のために内国消費税を削減して関税に転嫁する方針が採用されました。フランスではジャン=バティスト・コルベールが導入した塩の専売制に付随してかけられましたガベル(gabelle)と飲料品税に由来するエード(aides)が知られまして、絶対王政期のフランス財政を支えました。ドイツでも17世紀後半以後盛んに導入されましたが、余りの高率に国民生活の不安定と国家財政の極度の個別消費税依存を招きフェルディナント・ラッサールから厳しい批判を浴びました。

この他アメリカでも独立戦争時にイギリスを真似て個別消費税を導入しましたが、1794年にウィスキー税に反対するウィスキー反乱が発生してジョージ・ワシントン政権を揺るがしました。

日本では、江戸時代以前の運上・冥加が一種の個別消費税に相当しますが、近代的な税制は明治維新以後に各種の間接税が導入されて以後です。特に酒税は一時は歳入中最大の割合を占めるほどになりました。戦後になってシャウプ勧告と消費税法施行に伴って2度にわたって間接税の整理が行われます。

総合消費税
総合消費税(general expenditure tax)は、イギリスの経済学者ニコラス・カルドアが提唱した方法で、spendings tax(支出税)とも呼ばれます。個々の消費者がその年度内に発生した財貨・サービス支出を税務署に自己申告をおこないまして、累進課税にもとづく税額の算定にもとづいて納付します。元は所得税を補完する税法として考案されまして、キャピタル・ゲインなどの所得からも支出に対する課税の形で税を徴収できまして、かつ預貯金とその金利は支出に相当せずに課税されないために節約と貯蓄奨励にもなるとされまして、インドなどで一時導入が検討されました。

だが、全ての人が正確な納付をおこなうためには、各個人が自己の支出に関する正確な記録を作成して、収入・支出・貯蓄に関するバランス・シートを作成しなければならないことから、本格的に導入した国は存在しませんでした。また、税務署が全居住者の収入・支出・貯蓄情報を把握する必要があるため、事務の煩雑さから実施が困難であると言えます。

租税
租税(そぜい、英: tax)とは、国や地方公共団体(政府等)が、公共財や公共サービスの経費として、法令の定めに基づいて国民や住民に負担を求める金銭です。現代社会においてほとんどの国が物納や労働ではなく「お金(おかね、その国で使用されている通貨)」による納税方法 (金銭納付) を採用しておりまして、日本では税金(ぜいきん)と呼ばれています。

税制(ぜいせい)
税制(租税制度)は、歳入(財政)の根幹及び政治経済(経世済民)そのものです。商売や契約・取引等の行為及び所得や有形無形の財産などに対して税を賦課することを課税(かぜい)、課税された税を納めることを納税(のうぜい)、徴収することを徴税(ちょうぜい)、それらについての事務を税務(ぜいむ)といいます。政府の財政状況において租税徴収額を減額することを減税、逆に増額することを増税(ぞうぜい)といいます。

租税の本質・目的
政府が「お金」の価値を保証することと租税の制度を存続させることとは表裏一体で、日本においては、明治時代の紙幣・債権経済への移行期に地租改正を行い通貨による納税制度を取り入れています。政府が「お金」の価値を保証することは、近世社会以降において治安と並んで国家的機能の重要な働きの1つで、国内的なあらゆる取引における一定の価値および安全性を保証するものです。なお、何よりもまず念頭におかなければならないのは、「税制改革」が法改正であるという事実でありまして、日本では、昭和63(1988)年、竹下登内閣の元、賛否両論を抱えたまま消費税を3%とする「税制改革法」が採決・施行されまして、同法に基づき平成元(1989)年に消費税法が施行されました。

租税の機能・効果
政府は、国家の基盤的機能を維持するため、個人から生殺与奪の権利を取り上げまして、社会的ジレンマや外部性(フリーライダー)を回避する施策を検討しなければなりません。租税には、次の4つの機能・効果があるとされています。

・公共サービスの費用調達機能 - 「市場の失敗」という言葉に象徴される市場経済のもとでは提供困難なサービス(軍事、国防、裁判、警察、公共事業など)の提供のための費用を調達するための機能です。

・所得の再分配機能 - 自由(私的財産権の保護)と平等(生存権の保障)は、究極的には矛盾する考え方でありますが、今日の多くの国では、いわゆる福祉国家の理念のもと、国家が一定程度私的財産に干渉することもやむを得ないことと考えられています。このような考え方に基づいて持てる者から持たざる者に富を再分配します。逆に、消費税は格差を拡大する効果をもつ税制です。

・経済への阻害効果 - 投資意欲の妨害、生産活動・労働意欲の阻害、消費意欲の低下など、経済が本来あるべき姿を歪め、経済全体に悪影響を与える効果です。ジョン・メイナード・ケインズも述べるように、政府が忘れてはならない事として、重い徴税はビジネスなど経済活動を完全に止めてしまうのでありまして、極端に高い税率ではなく中等の税率こそが政府にとっての最大の税収になります。特に、国富が著しく喪失して景気が悪化している状況での増税による緊縮財政は極めて有害な政策です。

・景気の調整機能 - 自由主義経済体制における特殊な調整機能です。景気の循環は不可避のものとされますが、景気の加熱期には増税を行うことによりまして余剰資金を減らしまして投資の抑制を図ります。逆に後退期には減税を行うことにより余剰資金を増やしまして投資の活性化を行います。これにより、ある程度景気を調節することが可能であるとされます。現代の租税制度は累進課税を採用しています租税が国等の主要な財源を占めているため、所得の変動に応じた税率の変動によりまして、景気が自動的に調整されるという効果を有します。この効果は「自動景気調整機能(ビルト・イン・スタビライザー)」と称されます。
税金は経済全体を調整するための機能とみなす機能的財政論によりますと、税金は、財源確保の手段ではなく、物価調整の手段でありまして、政府が負債を増やすことで、貨幣供給量が増えて、インフレに向かい、政府が増税によって負債を返却しましたら、その分だけ貨幣が消えまして、貨幣供給量が減るから、デフレへと向かいます。そのほかに、炭素税のように、二酸化炭素の排出抑制の手段にもなりまして、所得再配分の手段としても重要です。

租税の基本原則
租税法律主義
租税法律主義とは、租税は、民間の富を強制的に国家へ移転させるものなので、租税の賦課・徴収を行うには必ず法律の根拠を要する、とする原則です。この原則が初めて出現したのは、13世紀イギリスのマグナ・カルタです。

近代以前は、君主や支配者が恣意的な租税運用を行うことが多かったが、近代に入ると市民階級が成長しまして、課税するには課税される側の同意が必要だという思想が一般的となり始めていました。あわせて、公権力の行使は法律の根拠に基づくべしとする法治主義も広がっていました。そこで、課税に関することは、国民=課税される側の代表からなる議会が制定した法律の根拠に基づくべしとする基本原則、すなわち租税法律主義が生まれました。現代では、ほとんどの民主国家で租税法律主義が憲法原理とされています。

租税が課される根拠
租税が課される根拠として、大きくは次の2つの考え方があります。

・利益説 - ロック、ルソー、アダム・スミスが唱えました。国家契約説の視点から、租税は個人が受ける公共サービスに応じて支払う公共サービスの対価であるとする考え方です。後述する応益税の理論的根拠といえます。
・能力説 - ジョン・スチュアート・ミル、ワグナーが唱えました。租税は国家公共の利益を維持するための義務でありまして、人々は各人の能力に応じて租税を負担しまして、それによってその義務を果たすとします。「義務説」とも称されます。後述する応能税の理論的根拠といえます。
租税の種類
租税制度は仕組みの異なるさまざまな税目から成り立っています。それぞれの税目には長所と短所がありまして、観点の違いによって様々な分類方法があります。

所得課税・消費課税・資産課税等
所得課税
個人の所得に対して課税されます個人所得課税(所得税など)と、法人の所得に対して課税されます法人所得課税(法人税など)があります。累進課税による特性として、経済自動安定化機能(ビルト・イン・スタビライザー)をもたらします。
所得控除、医療費控除をはじめ、年金貯蓄や住宅投資などに対する優遇措置など、納税者の負担軽減のための様々な制度を導入しやすいことが利点でもある反面、それらの制度が既得権化すると公平性を損なうだけでなく、課税ベースの縮小によって税収調達機能の低下、非効率化といった問題を生じます。また、納税者個々の収入を把握し的確に課税し徴収する必要があるため正確な徴税が行いにくく、この制度を有効に活用するには税務当局の能力の向上が必須となります。このため3つの課税ベースのうちでもっとも開発が遅れまして、所得課税が租税全体において大きな役割を果たすのは国家の徴税能力の向上した近代以降のことです。また同じ理由で、納税・徴税者双方に大きな事務的な負担がかかる課税です。このことから、所得課税は先進国の税収において大きな割合を占めることが多いが、発展途上国においてはそれほどの重要性を持たないことが多いです。

消費課税
財・サービスの消費に対して課税されます。消費税のほか、関税や酒税などが含まれます。控除などによる特別措置の余地が少なく、業種ごとの課税ベース把握の不公平も生じないため、水平的公平、世代間の公平に優れておりまして、広い課税ベースによる安定した歳入が見込めます。また所得税に比べて課税対象の把握が納税・徴税者双方にとってわかりやすく、税務当局の能力がそこまで必要ではないことから、特に発展途上国においては消費課税が税収の大半を占めていることが多いです。反面、所得全体に占める税負担の割合が低所得者ほど大きくなるため、逆進的な性質を伴います。

資産課税等
資産の取得・保有・移転等に対して課税されます。固定資産税や相続税、贈与税などが属します。他者からも明確に把握できる土地や資産を課税対象とすることから徴税が行いやすく、近代以前においては最も中心的な課税でした。また資産を有する富裕層に対しての課税という性格が強いため、所得課税と同じく所得格差の是正の機能を有します。一方であくまでも有資産者に対する税であるため、課税対象が少なく税収の柱にはしにくい面があります。
近年では就労の促進や所得再分配機能の強化等を目的として、所得課税などに対する給付付き税額控除の導入も進んでいます。給付付き税額控除は制度の複雑化や過誤支給、不正受給などの課題を伴う反面、課税最低限以下の層を含む低所得世帯への所得移転を税制の枠内で実現できまして、労働供給を阻害しにくい制度設計も可能であることから、格差是正や消費税などの逆進性対策に適するとされます。勤労所得や就労時間の条件を加味して就労促進策の役割を担う勤労税額控除は、アメリカ、イギリス、フランス、オランダ、スウェーデン、カナダ、ニュージーランド、韓国など10か国以上が導入しています。子育て支援を目的とする児童税額控除はアメリカ、イギリスなどが採用しているほか、ドイツやカナダなども同趣旨の給付制度を設けています。消費税の逆進性緩和を目的とする消費税逆進性対策税額控除はカナダやシンガポールなどが導入しています。

国税と地方税
租税は課税権者に応じて国税と地方税に区分できます。子ども手当のような生存保障の支出は、国が全額財源を負担するのが論理的には一貫しますが、対人社会サービスなど現物給付については、地方自治体が供給主体となります。国税では富裕層への課税や矯正的正義(応能原則)が重視されますが、所得の多寡を問わないユニバーサリズムの視点からすれば、地方税に関してはむしろすべての参加者が負担する配分的正義(応益原則、水平的公平性)が基準となります。

国税の課税権者は国、地方税の課税権者は各地方自治体となりますが、地方税に関する税率などの決定は必ずしも各自治体の自由裁量ではなく、税率の上下限など、国によって様々な形での制約が設けられています。チェコ、デンマー ク、フィンランド、アイスランド、ノルウェー、ポルトガル、スペインといった国々では地方税の税目に対して上限と下限両方の制限が存在しまして、オーストラリア、ベルギー、フランス、ハンガリー、オランダ、ポーランド、スイス、イギリス、アメリカなどは上限のみが存在します。イタリアの州生産活動税のように、国が定めた標準税率を基準に税率の上下限幅が決められているケースもあります。日本では法人課税を中心に税率の上限(制限税率)が設けられていますが、直接的に下限を定めた規制は存在せず、法的拘束力の無い標準税率を地方債の起債許可や政府間財政移転制度(地方交付税交付金)の交付額算定と連動させることで、それを下回る税率の選択を抑制する制度設計となっています。上位政府による起債制限と政府間財政移転の双方を背景として地方税率が下方硬直的になっている例は、日本以外の主要国には見当たらず、日本の標準税率制度は国際的にみてもかなりユニークな制度です。

普通税と目的税
租税は、特にその使途を特定しないで徴収される普通税と、一定の政策目的を達成するために使途を特定して徴収される目的税とに区分できます。目的税は公的サービスの受益と負担とが密接に対応している場合は合理性を伴った仕組みとなる反面、財政の硬直化を招く傾向がありまして、継続的に妥当性を吟味していく必要があります。

直接税と間接税
具体的な商品やサービスの価格を通じて税が納税義務者から消費者に転嫁されることを予定した租税を間接税と言いまして、それ以外の租税を直接税と呼びます(「たばこ税」や「法人税」は両者とも消費者に転嫁されているが、たばこ税は具体的な商品に転嫁されているので間接税となる。法人税は具体的な商品やサービスに転嫁されていないため、直接税である。)。日本の税目では所得税や法人税などが直接税でありまして、消費税やたばこ税などが間接税です。直接税はオフショア市場の活用により税収が減っています。

従量税と従価税
数量あたりで税率を定めた税を従量税、価額単位で課される税を従価税といいます。

応益課税と応能課税
納税者の担税力、すなわち租税の負担能力に応じて賦課する立場の考え方を応能課税、公共サービスの受益に応じて課税すべきとする考え方を応益課税といいます。租税は公益サービスのための財源であることから、少なからず応益課税の要素が内在しますが、個別の受益と負担との関係が必ずしも明確でなく、応益負担だけでは成り立ちません。地方税は地域住民による負担分任という性格上、応益課税の要素がより重視されます。

徴収方式
税の徴収方式としては、申告課税と賦課課税の二つの方式が主な方式となっています。賦課課税方式は各政府が納付義務を持つものに税額を計算して賦課するものでありまして、申告課税は逆に納付義務を持つものが自ら税額を計算して政府に申告するものです。賦課課税方式は近代までは中心的な徴収方式であったものの、20世紀後半に入ると申告課税が主流の納付方式となりました。このほか、いくつかの国家においては納税者への給与等の支払いの際にその雇用者があらかじめ税額相当を天引きしておく、いわゆる源泉徴収が行われています。また、文書に対し収入印紙を貼り付けて納付する印紙納付もあります。

租税の歴史
租税の歴史は国家の歴史と密接に関連します。極端な増税は、農民など税の負担者を疲弊させまして反乱を招き国家の滅亡につながることもありました。歴史的には、労働、兵役やその地方の特産物等による納税が行われた時代がありました。例えば万里の長城など歴史的な建造物の多くは、強制的な労働力の徴発より作られたものと考えられています。

租税制度は主に次のような変遷を遂げられました。

古代
原始には、神に奉じた物を再分配する、という形を取っていたとされています。社会的分業によって私的耕作や家内工業の発展とともに集団の中で支配者と被支配者が生じまして、支配者は被支配者から財産の一部を得るようになりました。これには、被支配者が支配者に差し出す犠牲的貢納と支配者が被支配者から徴収する命令的賦課がありました。古代の税としては、物納と賦役が主に用いられました。物納は農村においては穀物を主とする収穫が主でありまして、それに古代においては貴重品であった布や、その地方の特産品を特別に納付させることも行われました。賦役は税として被支配者に課せられる労役のことでありまして、土木工事などの公共事業や、領主支配地における耕作など様々な形態を取りました。

古代エジプトのパピルス文書に当時の農民に対する厳しい搾取と免税特権をもつ神官・書記に関する記述があります。

古代インドのマウリヤ朝では、農民に対し収穫高の四分の一程度を賦課しまして、強制労働も行われていました。

ローマ帝国の税制の基本は簡潔でありまして、属州民にのみ課される収入の10%に当たる属州税(10分の1税)、ローマ市民と属州民双方に課される商品の売買ごとに掛けられる2%の売上税(50分の1税)、ローマ市民にのみ課される遺産相続税や解放奴隷税などでした。3世紀のアントニヌス勅令以降は国庫収入が減少しました、軍団編成費用などを賄うための臨時課税が行われることもありました。マルクス・ユニウス・ブルートゥスは属州の長官に赴任したとき、住民に10年分の税の前払いを要求しました。

中国
古代中国の漢の主要財源は、算賦(人頭税及び財産税)、田租、徭役(労働の提供)でした。

北魏において均田制が成立したのち、これに基づいて北周が租庸調の税制をはじめ、唐でもこの税法を当初は引き継ぎました。しかし玄宗期に入ると土地の集積が進み均田制が崩壊しまして、土地の存在が前提であった租庸調制も同時に崩壊したため、780年には徳宗の宰相楊炎によって両税法が導入されました。これは税の簡素化と実情に合わせた変更によって税収を回復させる試みでありまして、以後明にいたるまで歴代王朝はこの税法を維持し続けました。しかし明代に入ると再び税制の実情とのかい離が起こりまして、税制は複雑化したため、16世紀末の万暦帝期において、宰相張居正が税を丁税(人頭税)と地税にまとめて銀で一括納入させる一条鞭法を導入しました。清代に入ると、丁銀を地銀に繰り込んで一本化した地丁銀制が導入されました。

イスラム
イスラームを国教とするいくつかの王朝では、ズィンミー(異教徒。キリスト教徒・ユダヤ教徒など)に対してジズヤ(人頭税)の徴収が行われました。この方式は7世紀のウマイヤ朝を起源としています。正統カリフ時代には税制はいまだ未整備でありましたが、ウマイヤ朝期に入るアラブ人以外のイスラム教徒(マワーリー)および異教徒からジズヤとハラージュ(土地税)の双方を徴収することとなりました。しかしこの方式はマワーリーからの大きな反発を招きまして、アッバース革命を招くこととなりました。こうして成立したアッバース朝はマワーリーからジズヤの納入義務を撤廃しまして、またアラブ人のイスラム教徒であってもハラージュの納入を義務付けました。こうして成立したジズヤ(異教徒への人頭税)とハラージュ(全国民対象の土地税)の二本立ての税制は、イスラーム諸王朝の基本税制となって広まりました。

ヨーロッパ
中世ヨーロッパでは封建制が採られまして、土地を支配する封建領主は土地を耕作する農民から貢納を得て生活していました。貢納のほか、領主直営地における賦役農耕も重要な税のひとつでした。その代り、領主は統治者として領民を外敵から守る役割を果たしていました。領主の主収入は地代でしたが、私的収入と公的収入が同一となっておりまして、しばしば戦費調達のために臨時収入が課されました。その後、領主は戦争や武器の改良、傭兵の台頭によって財政難に陥りまして、相続税・死亡税の新設や地代を上げます。しかし、それでも賄いきれなくなった領主は特権収入に頼るようになります。

ここで言う特権とは、鋳貨・製塩・狩猟・探鉱(後に郵便・売店)を指しまして、領主はこの特権を売渡すことで収入を得ました。特権収入の発生は実物経済から貨幣経済への移行の一つの表れとみられています。

貨幣経済が発達すると新しい階級としまして商人階級が生まれます。土地は売買の対象となりまして、領主と農民の関係は主従関係から貨幣関係へと変質しました。貴族は土地の所有と地代収入を失ったため、商人たちに市場税・入市税・営業免許税・関税・運送税・鉱山特権税などを課します。これらは租税と手数料、両方の側面を持っていました。

1624年にはオランダにおいて収入印紙が初めて導入されまして、17世紀中にはヨーロッパの多くの国家に広まりました。

租税時代
封建末期の貴族たちは商人たちから借金を重ねていたため、遂に徴税権を商人たちに売渡す。この商人たちは租税の代徴を行う徴税請負人として人々から税を徴収したが、増益分は自らの懐に入るため、過剰な租税の取り立てが行われました。特に18世紀のフランスのアンシャン・レジームの下では、3つの身分のうち、第一身分(聖職者)・第二身分(貴族)は免税の特権を持っていました。このため人々の租税に対する不満が高まります。

1789年のフランス革命とこれに続く市民革命によってヨーロッパの封建制は崩壊しまして、立憲君主制が始まりました。国家の収入は経常収支としての租税が大半を占めるようになります。また、君主の私的収入と国庫収入が切り離されまして、租税収入が歳入の中心を占める公共財政が確立しまして、現代まで続いている租税時代が始まります。またこの時代になると近代化とともに賦役はほとんどの地域において廃止されまして、労働に対し国家が賃金を払って公共工事などを行うようになっていきました。

立憲制とともに租税法律主義も普及しまして、イギリスの「権利の請願」「権利の章典」などによって確立していきます。さらにフレンチ・インディアン戦争による財政難からイギリス議会が英領アメリカ植民地に砂糖法や印紙法、茶税などのタウンゼンド諸法によって次々と課税を試みようとしたことはアメリカ植民地を激昂させ、租税法律主義に由来する「代表なくして課税なし」という有名なスローガンのもとでアメリカ独立戦争を引き起こすきっかけとなりました。

1799年、イギリスではナポレオン戦争の戦費を調達するために所得に対して課税が行われました。これ以降、産業革命による資本主義の発達を背景に所得税を中心とした所得課税が世界に普及していきます。ただし初期の所得課税は高額所得者に対するもので、税収総額としてはわずかなものでした。

20世紀には、社会主義の台頭や社会権の定着によって、所得税・相続税の累進税率が強化されました。しかし、1980年代に入ると企業意欲・労働意欲を高めるために税率のフラット化が行われました。また20世紀も中盤にいたるまで消費課税はある特定の商品のみにかけられるものでありましたが、1954年に一般的な消費すべてにかけられる付加価値税がフランスにおいて導入されまして、以降世界各国において導入されるようになっていきました。

税金はいろいろな出来事がありましたのですね。
日本国の為にも納税を…

puffer-7


たまにはですけど、ショートケーキ買いまして食べました。
甘くて美味しいですね。
ケーキ含めて洋菓子は良いですよね。

洋菓子に関しましての説明いたしますのでよろしくお願いいたします。

洋菓子(ようがし)とは、西洋に起源をもつ菓子の総称です。日本の伝統的な菓子である和菓子と対置される言葉です。明治時代以降、日本に多数の西洋風の菓子が紹介されたため、従来親しまれてきました菓子との区別のために用いられるようになったものでありまして、明治時代以降に日本に入ってきました菓子に対して用いられます。西洋に起源がある菓子であっても、16世紀にオランダやポルトガルなどの宣教師から伝えられました、カステラ、ボーロ、金平糖などの南蛮菓子は通常和菓子として扱われています。

洋菓子の種類
洋菓子の種類は、伝統的にパティスリー(仏:pâtisserie)、コンフィズリー(仏:confiserie)、グラスリー(仏:glacerie)といったかたちで分類されます。パティスリーは練り粉菓子の意で、小麦粉、卵、牛乳、砂糖などを主原料として各種の製法で生地を作り、クリームやジャムなどを添加して仕上げるものです。具体的にはケーキ、パイ、タルト、プディング、クレープ、シュークリーム、ビスケットといったものが含まれます。また小麦粉を使うものではありませんが、アーモンドやヘーゼルナッツから生地を作るマカロン、卵白生地のメレンゲ、デザート菓子ともいわれるムース、ゼリー、ババロア、カスタードプディングなどの冷菓もパティスリーとして扱われています。

コンフィズリーは砂糖菓子の意で、砂糖を主原料とする菓子や、砂糖の特性を生かして作られる菓子類です。具体的にはドロップ、ヌガー、キャラメル、マシュマロなどのキャンディ類や、チューインガム類、チョコレート類、飴掛けしましたナッツやフルーツ、マロングラッセなどの砂糖漬け果実などが含まれまして、現代では工場生産されるものがほとんどです。なおチョコレートはショコラトリ―(仏:chocolaterie)として独立しました一部門とすることもあります。グラスリーは氷菓の意で、アイスクリーム、シャーベットなどの凍らせて食べる菓子です。

「パティスリー」「コンフィズリー」といった言葉は、それぞれこれらの菓子を扱う菓子店を指す用語でもあります。ヨーロッパでは18世紀にコンフィズリーがパティスリーから分離しまして、独立した業種となりました。これらのほかに洋菓子に属するものとしまして、主にアメリカ合衆国で発達しましたスナック菓子(英:snack)があります。穀類を原料として塩辛い味付けをする軽食替わりの菓子で、ポテトチップス、ポップコーンなどです。

日本では和菓子と同様、保存性の観点から菓子の水分含有量にしたがって生菓子、半生菓子、干菓子という形に分類されることも多いです。生菓子は加熱していない菓子のことではなく、水分の多い菓子のことで、おおむね30%以上の水分を持つ菓子が該当します。ショートケーキやパウンドケーキ、シュークリーム、ゼリー、ババロアなど、パティスリーの多くは生菓子でありまして、「パティスリー」を洋生菓子全般の意味で用いることもあります。干菓子はおおむね水分が10%以下のもので、チョコレート、キャンディ、チューインガムなどのコンフィズリーのほか、ビスケットやリーフパイなどの焼き菓子も含まれます。半生菓子はその中間で、洋菓子では一部のスポンジケーキや砂糖漬けなどが該当します。

主な洋菓子
パティスリー
・スポンジケーキ
・パウンドケーキ(カトルカールとも)
・ロールケーキ
・ケーキ
・タルト
・シュークリーム
・エクレア
・アップルパイ
・カスタードプディング(プリン)
・マカロン
・ゼリー
・ムース
・ババロア
・スフレ
・ブラマンジェ
・パフェ
・カップケーキ
・'モンブラン
・ミルフィーユ
・パンナコッタ
・シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ
・バウムクーヘン
・ビスケット
・クッキー
・ボネ
・サブレ
・ウエハース
・プレッツェル
・ワッフル
・マドレーヌ
・クレープ
・ミル・クレープ
・ティラミス
・チーズケーキ
・チュロス
・ドーナツ
・スコーン
・ムースケーキ
・ショートケーキ
・チョコレートケーキ
・ザッハトルテ
・トルテケーキ
・ジャーマンケーキ
・オペラ
・ブラウニー
・シフォン
・オストカーカ
・プリンセスケーキ
・シュトレン
・バントケーキ
・ショコラケーキ
・バターケーキ

ペストリー
・シナモンロール
・カネルブッレ
・カネルボッレ
・コルヴァプースティ
・シナボンロール
・パイ
・シナボン
・セムラ
・ブラックベリーパイ
・プロフィトロール
・シュトゥルーデル

コンフィズリー
・キャンディ
・ドロップ
・ヌガー
・タフィー
・キャラメル
・マシュマロ
・グミ
・ゼリービーンズ
・マジパン
・ドラジェ
・チューインガム
・チョコレート

グラスリー
・アイスクリーム
・シャーベット
・ソフトクリーム
・アイスキャンデー
・ジェラート

スナック菓子
・ポテトチップス
・ポップコーン
・スナックバー

洋菓子は種類多いですね。
食べ過ぎに気を付けて美味しくいただいてくださいね。

puffer-17


スマートフォンをかなり使って目の疲れが出ましたのでドラッグストアで目薬を購入しました。
目薬をさしますと、目がスーとする感じで良いですね。

目薬に関しましての説明をいたします。

目薬(めぐすり)とは「点眼薬」「点眼液」の通称で、目に直接投与する液状の薬です(薬機法で医薬品に分類されている)。市販されているものと薬局で処方箋なしで買えるもの、医師から処方されるものがあります。日本薬局方においては「点眼剤」として規定されています。

概要
目の乾燥、炎症を抑えるためや、目脂・目のかゆみ解消に使われます。また、単に目をすっきりさせるさしごこちの清涼感を求めることにも使われています。動詞として「目薬を差す(点す)」と使われます。

目薬は刺激を抑えるため、多くは涙とほぼ同じpH、浸透圧に調整されています。また無菌的に製造されまして、一回使い切りのものを除き無菌性を保つためほとんどの製品は防腐剤が加えられています。開栓後は早めに使い切った方が良いです(1ヶ月程度)。

その他、最近ではコンタクトレンズ利用者の目のトラブルが急増しておりまして、眼科に訪れる客の4割がコンタクトレンズによる目の不調を訴えるといいます。そのため、ここ最近になって瞳に潤いをもたらす目薬が注目されています。

有効成分が水溶性で、かつ薬液中で安定する場合には水性点眼剤、水に難溶でありますが安定する場合は懸濁性点眼剤、水に難溶で、かつ薬液中で不安定な場合には油性点眼剤、水溶性でありますが薬液中で不安定な場合には、使用の都度粉末または錠剤を溶解液に溶解して点眼する用時溶解点眼剤として製造されます。眼科領域で使用されるうち、点眼剤以外の剤形としては眼軟膏剤があります。これは油性点眼剤と同様に、主に水に難溶で不安定な場合に用いられますが、それ以外の物性でも軟膏が採られることがあります。

歴史
古代エジプト時代、人間が目脂に虫が付かないように目に薬を塗っていたのが始まりと言われています。

日本では16世紀末(安土桃山時代)に点眼薬の原型となります「清眼膏」が売られていました。これは二枚貝の片方に軟膏のような薬剤を入れ、もう片方を使い水で薄めて目につける形式のものでした。

江戸時代に入り18世紀に、硫酸亜鉛溶液「精奇水」が発売されました。これは小さな陶器製の入れ物に薬液を入れたものでした。

明治に入り、田口參天堂(現・参天製薬)が1899年に点眼方式の目薬を初めて開発しまして「大學目藥」として発売します。当初は綿棒に薬液を染み込ませ垂らして点眼していましたが、後に瓶入りの薬液をスポイトで吸い取り点眼する方法となりました。しかし、これらの方法は適量の点眼に向いておらず不衛生である点が問題となっていました。

1931年、信天堂山田安民薬房(現・ロート製薬)が両口式点眼瓶を発明しました。瓶の上部にゴム製のピストンを取り付けまして、目に適量を垂らすことが可能になりまして衛生面の問題も解決しました。ロート目薬(1909年発売)はこの発明により一躍ヒット商品となりますが、大東亜戦争の激化によりゴムが軍事物資として徴用されたことから両口式点眼瓶は姿を消し瓶の底を指で弾いて点眼する一口叩き式点眼瓶に取って代わられました。

第二次世界大戦の終結後は再度、両口式点眼瓶が復活しますが1962年、参天製薬が従来のガラス瓶に代わりプラスチック瓶を採用した「スーパーサンテ」を発売しました。壊れにくく柔軟性がありますプラスチックの採用により持ち運びが容易になると共に、容器自体を指でへこませて適量を点眼することが可能になりました。

現在の一般的な目薬は点眼口が容器の上にありますが田辺製薬(現・田辺三菱製薬)が容器の横に点眼口のあるサイドドロップ容器を開発しまして、2001年度グッドデザイン賞を受賞しました。先端恐怖症で点眼が苦手な人でも簡単に点眼することができます。

現在発売されている容器は、中央部がややへこんだ形のものが多くなってきています(ディンプル型)。これはより点眼が容易かつ確実に行えるように工夫されたものです。

有効成分
抗炎症剤、ビタミン剤、血管収縮剤、抗ヒスタミン剤など(添加物として防腐剤、清涼剤、pH調整剤などを含有する)。

医療用ではこのほかに散瞳剤、縮瞳剤、眼圧降下剤、白内障治療剤、ステロイドホルモン剤、抗生物質、局所麻酔剤などがあります。

使用法
キャップを開け顔を上げて目に対して垂直に2~3センチほどの高さに据え、1~2滴程度の薬液が出る強さで容器を指で押します。あまり高くしますと目に入りません。
薬液の汚染を防ぐため、点眼の際には容器の先端がまぶたやまつげに触れないようにします。目薬に混入した異物のほとんどは使い方の誤りによる使用者の目脂でありまして、このように異物が混入した目薬は絶対に使用を控え薬液を廃棄します。
目薬は1滴で充分な量があります(但し、使い切りタイプを除く)。これは目薬1滴の体積が目の表面にためることのできる容量とほぼ同じかそれ以上であるからでありまして、2滴以上点眼しても溢れるか鼻腔に流れ込むだけです。また、目から溢れたものはかぶれることがありますので濡らしたガーゼなどで拭き取った方が良いです。特に医療用点眼薬は副作用の強いものも多いので、注意が必要です。
点眼後は、薬液が涙道を通って鼻腔に流れ込まないようにするため、1分程度は涙嚢部(目頭)を押さえるべきです。あるいは、単に目を閉じておくだけでも涙嚢部圧迫と同様の効果があります。しかし、目をパチパチ瞬かせてしまうとせっかくの目薬の成分が浸透せず涙と一緒に流れ出てしまいまして、十分な効果が得られません。
2種類以上の目薬を差す必要がある場合には、5分ほど間隔を空けます。すぐに注しても先に注した目薬が押し出されて流れ出てしまうだけです。
コンタクトレンズ装着時には、特に表示や指示がない限り一般的には点眼してはいけません。特にソフトコンタクトの場合は、(一部点眼可能な商品もあるが)必ず外して点眼するべきです。

事故
目薬が原因で人が死に至る場合もあります。1957年(昭和32年)3月6日付の読売新聞に目薬を点眼した54歳の女性が目薬が原因でショック死したとの記事が書かれています。

その他
特殊な用途
目薬は演技で涙を流しているように見せるためにも用いられることがあります。
流説として、目薬をコーヒーや酒などの飲み物に垂らして睡眠薬あるいは媚薬として使う方法が知られています。しかし目薬には鎮静作用を促す成分が含まれている場合がありますが、そのような効果は期待できません。飲んで効くなら、目に点した方がよほど効果的だとの指摘もあります。
他薬品の誤用
目薬と間違えて水虫薬など滴下型の容器に入った薬品を点眼しまして、負傷する事故が発生しています。その防止のため厚生労働省は新たに認可する水虫薬についてはノズル部分を赤、黒、茶色にすること、滴下型の水虫薬を引き続き販売する場合は容量を10ml以上にするなどの対策を製薬会社などに通達しています。

主なメーカー
目薬の製造には専用の生産設備が必要なため、これらのメーカーの中にはOEMも多いです。例えば、常盤薬品工業が配置用に発売しています「アイエースV クール」はロート製薬が製造しています。

ロート製薬 - ロート、アルガードシリーズ。一般用目薬トップシェア
参天製薬 - サンテシリーズ、大学目薬。医療用目薬トップシェア
大正製薬 - アイリスシリーズ
ライオン(旧・玉置製薬) - スマイルシリーズ
ジョンソン・エンド・ジョンソン - バイシンシリーズ(ファイザーがOTC部門を同社に売却、武田コンシューマーヘルスケア(旧・武田薬品工業)が販売)
千寿製薬 - マイティアシリーズ(武田コンシューマーヘルスケア(旧・武田薬品工業)が販売)
佐藤製薬 - ノアールシリーズ
田辺三菱製薬(旧・田辺製薬) - アスパラ目薬シリーズ
久光製薬 - 眼涼シリーズ
第一三共ヘルスケア(旧・藤沢薬品工業→ゼファーマ) - エージーアイズ、アイルック(日本ドラッグチェーン向け)
常盤薬品工業 - アイエースV クール(配置用)
池田模範堂 - こどもアイスーパー

目薬には、いろいろな事がありますね…
使い方に気を付けて、正しく目に点眼してください。

puffer-6


通りがかりで自動販売機を見つけましたから缶コーヒーを買いました。
お金を入れてほしい商品のボタンを押すだけで買えるから便利ですね。

自動販売機に関しましての簡単な説明をいたします。

自動販売機(じどうはんばいき、英: vending machine)とは、不特定多数の人間が通貨(貨幣)もしくはそれに代替するカードなどを投入して対価を払うことで自動で商品(物品)の購入やサービスの提供を受けることができるようにした機器です。自販機(じはんき)とも略されます。乗車券や食券などの券を販売する機械については「(自動)券売機」とも言います。

概説
自動販売機とは、お金を支払うと(たとえば現金(硬貨や紙幣)や電子マネーのカードを入れたりするなどして)押しボタン操作等をする事によりまして、自動的に(=人手を介さずに)商品(物品や情報やサービス)を購入することができる機械です。代金を投入し、機械を操作すれば、商品を受け取り、(釣りを用意する機構が伴う機械では)釣りを受け取ることができます。

ただし、公衆電話機や娯楽機(ジュークボックスやアーケードゲーム機など)は(サービスを無人で自動で提供しているものの)自動販売機の範疇には含めないのが一般的です。

商品の販売者の側から見れば、自動で販売を行ってくれる機械です。人手不足や人件費高騰の対応策として効果があり、休日や夜間も営業できる利点があります。自販機はロボットの一種であるとも言えます。自動販売機は、商品の買い手の側から見れば、有人の店が閉まっている休日や夜間でも商品を提供してくれるわけです。

世界最古の自動販売機は、アレクサンドリアのヘロンの著書に記述されている古代エジプトの聖水販売機だった、とされます。近代の、硬貨で煙草が買える自動販売機としては1615年のイギリスのものが現存しています。日本では、1890年に、小野秀三、俵谷高七それぞれが自動販売機の特許を得ました。

自動販売機は大別すると物品自動販売機と自動サービス機に分けられます。

現代の自動販売機は、一般的には、「金銭装置」「指示装置」「貯蔵・加工装置」「販売装置」から構成されています。

自動販売機の多くは電気式、もしくは硬貨の重量や購入者による操作による機構で作動します。

近年では、電子マネーカードで購入時にカードにポイントを加算する機能を持つものもあります。また最近では、災害時に飲料を無償で提供する機能や、AEDの機能、無線LANのアクセスポイント機能など、特殊な機能を追加したものもあります。

自動販売機は、消費電力の大きさ、光害問題、未成年の喫煙や飲酒への影響、窃盗問題 等々、様々な問題に直面し、だが問題に対処すべく対策が打たれ、進化した機種の新登場を繰り返してきました。現在もキャッシュレス決済に対応した機種の開発や導入が徐々に行われています。

歴史
最初の自動販売機
世界初の自動販売機は、古代エジプトの寺院に設置された聖水を販売するための装置です。この装置は完全自動で5ドラクマ硬貨を投入すると、硬貨の重みで栓が開き、蛇口から水が出る構造でした。この記述図解はアレクサンドリアのヘロン著『気体装置(Pneumatika)』にあります。しかし、ヘロン自身の発明なのか彼の師の発明を記述したものかは分かっておらず、この装置の発明者は不明です。また、どのくらい広く用いられていた装置なのかもよくわかっていません。

イギリス
現存している最古の自動販売機は、1615年のイギリスの煙草自販機で、居酒屋や宿屋に設置されていたものです。

イギリスでは1857年にデンハムの郵便切手自販機に対して、初めて特許が付与されました。

アメリカ
アメリカ合衆国では1884年にフルーエンの自動引出装置に対して特許が与えられました。

1888年にはThomas Adams Gum Companyによってニューヨークの駅プラットフォームに初めて設置されまして、ガムを販売していました。販売を促進するゲーム性を自動販売機に付加するアイデアは、1897年にPulver Manufacturing Companyによって小さなフィギュアのオマケ付きのものが設置されました。このアイデアは売買活性機(trade stimulator)として知られる新しい仕組みとして広まっていきまして、スロットマシーンやピンボールの誕生につながることになります。

1925年にはウィリアム・ロウによって異なる価格の多品種の商品を販売できます煙草自動販売機が開発されまして、一般にはこれによって近代自販機の歴史が始まったとされています。

日本
日本では、1890年(明治23年)に、小野秀三による自動販売機の特許(1888年3月出願、特許第848号)と俵谷高七による自動販売機の特許(1888年12月出願、特許第964号)の2件の特許がなされました。このうち俵谷高七は、郵便局からの依頼を受けまして器具類を製作しています下関の指物師で、1890年の第3回内国勧業博覧会への出品を果たしました。俵谷の自動販売機には既にスラグリジェクター(偽貨排除)やコインリターン(売切時の硬貨返却)の機能が搭載されておりまして、当時の欧米の機器にも見られない先駆的なものでありました。俵谷が1904年(明治37年)に発明しました「自働郵便切手葉書売下機」は、現存する日本最古の自動販売機とされまして、逓信総合博物館に所蔵されておりまして、また前述の煙草自動販売機が博覧会に出品されたことから、日本最初の自動販売機発明者としては俵谷の名前が広く知られています。

明治時代には様々な自動販売機が製作されましたが、単発的・実験的なものがほとんどで、一般に定着するレベルのものではありませんでした。

1924年(大正13年)には中山小一郎が、袋入菓子の自販機を製作しまして、これが日本初の普及型の自動販売機とされています。

昭和30年代前半になりますと、自動販売機は物珍しい機械から本格的な実用化の時代へ移行しました。

自動販売機は昭和40年代に急速に普及しました。その要因としまして、1967年(昭和42年)に100円・50円新硬貨(白銅貨)が発行されたことが挙げられています

特に1967年に、国鉄が合理化の一環としまして、都市部で近距離乗車券発行用自動券売機の全面的な導入に踏み切ったことが、大きな影響を与えたといわれています。

日本全国の自動販売機設置台数は、20世紀中は増加の一途を辿り、2000年(平成12年)には560万台とピークを迎えました。21世紀に入ってから減少傾向に転じまして、2007年(平成19年)末には日本自動販売機工業会の調査によれば540万5,300台でうち48.8%が飲料販売用、2008年(平成20年)12月末には526万台とその傾向が続いています。自販機による売上も、2000年の7兆円から2008年(平成20年)には5兆7,000億円へと減少しました。日本での購買者の比率は男性9:女性1とされます。日本国内で自動販売機の工業製品出荷金額が最も高いのは、三重県です。自動販売機の生産台数が最も多いのは四日市市で、年間で約12万台が生産されています。

駅ではキヨスクなどが閉店した後に利用客の不便を減らすため、または人件費カットを目的にキヨスクを自動販売機に置換している事も多いです。また近年ではSuicaなどの交通系電子マネー支払い専用としました自動販売機も登場しました。これは貨幣を扱う可動部を省く事で、機械の維持コスト低下に貢献しています。

分類・種類 編集
自動販売機は大別すると物品自動販売機と自動サービス機に分けられます。

国際的なHSコードでは、自動販売機はほとんどが物品の自動販売機(847619)に分類されまして、飲料の自動販売機、その他の自動販売機、部分品に分類されます(以下は加熱機能または冷蔵機能を自蔵するか否かのみの分類となっている)。

日本標準商品分類では非常に細かく分類されておりまして、自動販売機及び自動サービス機(58)のうち自動販売機(581)に分類されます。自動販売機は物品等自動販売機(5811)とサービス情報自動販売機(5812)に大別されまして、さらに以下に細かい分類が設けられています。

物品等自動販売機
一般には、冷やしたり温めたりした様々な容器(缶・瓶・ペットボトル・紙パッケージ・カップ)入り飲料、カップめん、菓子パン・菓子類、煙草、雑誌・新聞など保存の簡単なものが多いです。また特殊なところでは、その都度に豆から挽いて抽出するコーヒー、冷凍食品(焼きおにぎり、焼きそばなど)を内蔵電子レンジなどで温めて提供する自販機もあります。麺類では、茹でられた麺を湯がいてからスープを入れて提供するタイプがあります。カップ麺の場合は、湯で戻して提供されまして、箸がついてくるものもあります。

交通機関の乗車券や特急券、遊園地やテーマパークなどの入場券、各種プリペイドカードなど、券の形をした商品を販売するものは特に自動券売機ともいいます。

近年では、ガソリン等の油脂類を顧客自らが給油機で注文を行いまして、給油までの操作をすべて自分自身で行います「セルフ式」といわれる方式を採用するガソリンスタンドが多くなりました。これも、給油機そのものが一種の自動販売機といえます。

手動式の自動販売機で取り扱われます商品はチューインガムやチョコレートなどの駄菓子や新聞などが多いです。

新聞の販売機(上記画像参照)は、硬貨を金額分投入しますとケースの鍵が開きますので、手動でケースを開けまして、中に積んであります新聞の束から一部をつかんで取り出す方式です。新聞の一面を陳列するために、一部だけはケースの透明な窓を内側から覆う形で置いてありますので、最後の購入者はその新聞を取り出します。以降はケース内が空であることがわかるようになります。一度に複数部を取り出す不正行為を防ぐための機構はありません。電気を要さないこともありまして管理コストがほとんどかからず、また販売機も商品原価も安価であることから窃盗被害の影響もあまり受けず、市街地の路上に多数設置されて新聞の主要な販路の一つとなっています。

サービス情報自動販売機
日本標準商品分類では自動販売機(581)は物品等自動販売機(5811)とサービス情報自動販売機(5812)という分類を用いておりまして、サービス情報自動販売機は自動販売機の一種とされています。日本標準商品分類では就職情報自動販売機やパソコンソフト自動販売機が例示されています。なお、国際的なHSコードではこのような細かい分類を設けていません。

就職情報自動販売機
パソコンソフト自動販売機 - かつて「ソフトベンダーTAKERU」(旧名「武尊」)がありました。ダウンロードしたり内蔵光ディスクメディアから読み出したりしましたソフトウェアを、ブランクディスクメディアやロムカセットに書き込んで販売しました。
自動サービス機
自動販売機のような有形の物を提供する代わりに無形のサービスを提供する機械を特に自動サービス機と呼びます。国際的なHSコードでは「物品の自動販売機(例えば、郵便切手用、たばこ用、食料品用又は飲料品用のもの。両替機を含む)」(8476)というカテゴリになっておりまして両替機等と区別していませんが、日本標準商品分類では自動販売機(581)と自動サービス機(582)は別の機器としています。

日本標準商品分類による自動サービス機の分類(数字は商品コード)
5821 自動両替機
5822 玉・メダル貸機(パチンコ・パチスロの玉・メダル貸出)
5823 自動貸出機
5824 自動改札機
5825 自動入場機
5826 自動写真撮影機 - 証明写真、写真シール(プリント倶楽部など)
5827 コインロッカー
5828 コインランドリー
5829 その他の自動サービス機(コインシャワー、コイン洗車機など)

日本における、細かい分類と取扱品目
基本的には、1990年(平成2年)6月改訂の日本標準商品分類(一部追記)に沿って記載します。物品の場合、食品系(食品・飲料)と非食品系に分かれます。

コンビニエンスストアや24時間営業のスーパーマーケットの出店増加などによりまして、一昔前と比較しますと販売する品目は減少してきています。現在、日本の自販機でよく見られるのは券売機や需要の多い飲み物・アイスです。

食品系
飲料
・缶・ビン・ペットボトル・紙パック容器入り飲料(ソフトドリンク・酒類[19]・牛乳類)
・その都度入れる紙コップ入り飲料
・水 - スーパーマーケット等に設置されています。専用のボトルやタンク等を購入しまして、それをセットして商品を充填します。
食品
自動調理をするものです。容器に麺や具材を入れて冷蔵保存された物を湯通ししたあと、回転もしくは傾けて湯を排出しまして、新たにだし・スープを入れて完成させるタイプと、容器に麺や具材・調味料を入れまして冷凍保存された物をお湯を入れまして、電子レンジで加熱して完成させるタイプがあります。
・そば
・うどん
・ラーメン
電子レンジやトースターで調理するもの
・冷凍食品
・ホットドッグ
・おにぎり(焼きおにぎりなど)
・寿司
・たこ焼き
・焼きそば
・唐揚
・フライドポテト
・ピザ
・トースト、ホットサンド - アルミ箔に包まれていまして、電熱器で加熱調理をします。
弁当 - 調製したものを自販機内で保温します。
・から揚げ弁当
・焼肉弁当
・ひれかつ弁当
缶入り食品
・おでん缶
・らーめん缶・うどん缶・パスタ缶など
・ナッツ(おつまみ類)
菓子(チューインガム・チョコレート・スナック菓子)
鶏卵

パン
かき氷(現在は消滅)
納豆
アイスクリーム類
綿菓子
ハンバーガー
カレーライス
カップめん(ラーメン・うどん等、給湯器つき)
味噌汁 お湯を追加で入れる
野菜・果物類(キャベツ・タマネギ・人参・リンゴ・バナナなど)
氷 - 酒屋に設置されることが多いです。また釣具屋にも、釣り場まで活餌の鮮度を保つために設置されています。
ドライアイス - スーパーマーケットに設置されることが多いです。購入した冷凍食品やアイスの温度保持に使われます。

非飲食物系
煙草 - 購入にtaspoが必要。梱包を工夫して、同じ機械でライターを扱うものもあります。
新聞・雑誌・文庫本 - 新聞は主に「ニュースくん」という愛称が付いておりまして、欧米で一般的な手動式ではなく電動式です。
切手・はがき - 集配局の郵便局の一部で置かれていました。地域を統括する本局では、料金証紙を取り扱うものもありましたが、2007年7月で全面廃止しました。
乾電池
DVD・CDソフト - 販売だけでなく、無人レンタルビデオなど貸し出し・返却を扱うものもあります。
風船(ファンキーマルーン)
透明ロッカー型 - 日用小物から下着、靴下、お菓子など常温保存可能な食品も含みます。
カプセルトイ(ガシャポン、ガチャ、ガチャガチャ) - カプセルに入ったフィギュア等の玩具。近年では千円札を投入しまして、ランダムで玩具などの景品が登場します「1000円自販機」と呼ばれる機種も存在しておりまして、ゲームセンター等に設置されていることが多いです。
先払いセルフ式ガソリンスタンド - 先に現金やクレジットカードを投入しまして、油種(レギュラー・ハイオク・軽油)を選択し、投入金額分まで給油できます。残余分は、給油機内蔵の釣り銭機から出てくるもの、レシートに印字のバーコードを別に設置してある釣り銭支払専用機に読み取らせて支払うもの、従業員待機所のレジまで持参して釣り銭をもらう方式の3種類があります。
カード類 - テレフォンカード・ハイウェイカードなどのプリペイドカード類や乗車券などの切符類。トレーディングカード類(カードダス)。
回数券のバラ売り(金券ショップに併設もしくは駅近くなどに設置)- taspo導入前のたばこ自販機を再利用した形態が多いため、たばこと同一の箱に入っていることが多いです。(箱は原則返却ボックスに入れる案内がある)
花(生花) - 温度・湿度管理がされています。
キーホルダー
旅行保険 - 空港などで見られます。保険料を投入すると保険証書の用紙が払い出されまして、住所や氏名などを記入しまして、一番下の控え以外の部分を投入口に入れます。
ティッシュペーパー、トイレットペーパー - 駅のトイレなどに設置されます。自動販売機の購入のみの少ない投資で、簡易的な有料トイレを作ることができます。
お守り・おみくじ
自動券売機
交通機関の乗車券類
食券
施設などへの入場券
公営競技の投票券
外貨現金(外貨両替)
トラベラーズチェック(外貨両替)
コスチューム
釣り餌 - 釣具店の軒先によく設置されています。生きた餌のパックを販売しています。
温泉 - 温泉スタンドなど。
タオル - 温泉施設、無料の足湯がある所に設置されています。
洗車用洗剤 - コイン洗車場などに設置されています。
化粧品・櫛・ひげそり用品 - 主に宿泊施設・銭湯などに設置されています。整髪料などは小分けされています。

使い切りカメラ・フィルム
金 - 海外に存在。
名刺
印章
携帯型電子機器(デジタル音楽プレイヤー、デジタルカメラ、ビデオゲームなど)
携帯電話用SIMカード - 海外からの渡航者向けのプリペイド式カードで、主に空港に設置されています。
医薬品(風邪薬、鎮痛剤など) - 海外に存在。
アンプル剤 - 日本でも個人調剤薬局などの店先に設置されていますが、近年は衰退しています。

珍しい自動販売機
映画の始祖のキネトスコープにはコイン式のものも存在しましたが、日本においては子供向けに同形式の8ミリフィルムで映画が見られる遊具やグリコの自動販売機が存在しました。
いくつかのクレープ専門店が自動販売機を設置しています。ただし、日持ちがしないため毎朝補填・廃棄する必要がありまして、親店舗の休店日には販売を行わないこともあります。
岐阜市に日本で唯一の缶ビールケース売り自動販売機が存在します。
中華人民共和国南京市には、上海ガニの自動販売機が存在します。市場価格より安い1杯10〜50元で活きたカニを購入できます。中はカニの鮮度を保つため、5〜10℃に保たれておりまして、補充の際に死んだカニがいないかチェックしています。万一死んだカニが出てきた際には生きたカニを3杯無償で提供します。
2011年1月19日に、霞ケ関駅にリンゴの自動販売機が登場しました。食べやすいサイズにカットされておりまして、皮付きと皮無しを選べます。
ドンキ・ホーテなどには、書体を選択すればその場で彫ってくれる判子の自動販売機が設置されている店舗があります。
嘗てのパチンコ・パチスロ店には、紙幣や硬貨ではなく、パチンコ玉やメダルでタバコや飲料を購入する形式の自動販売機が存在しましたが、1円パチンコが普及し始めたころから額面の異なるパチンコ玉やメダルを不正利用して購入する事例が多発したため、現在は殆ど使用されていません。
販売制限・設置制限
商品によっては自動販売機に制限が設けられている場合があります。日本では、タバコ、ビールなどアルコール飲料類の自動販売機については販売時間や設置場所の制限があります。また、紙コップ式の飲料自動販売機は、上水道に直結していることなどもありまして、所轄の保健所の営業許可(喫茶店営業)が必要です。近年スーパーマーケットなどに設置されている水の自動販売機も同様です。牛乳などの乳製品も、やはり保健所の営業許可(乳類販売業)が必要です。

構成と構造
構成
『大日本百科全書』では、自動販売機の構成は、金銭装置、指示装置(制御装置)、貯蔵・加工装置、販売装置からなると説明されています。

金銭装置 : 挿入された通貨の真偽判別や金種選別を行い、金額を計数し、必要に応じて釣銭を出す装置です。「自動販売機の心臓部分」とも。硬貨はその直径・厚み・重量・材質等をチェックしまして、紙幣は縦横寸法などの外形的要素と肖像・模様・すかし・印刷インキの色 等々を組み合わせて総合判別する、と説明されています。カードの場合は、カードの照合判別、金額確認を行います。
指示装置: 押ボタンで商品を選択すると、その販売指示を出します。
貯蔵・加工装置:商品を貯蔵しまして、必要に応じて調理等の加工を行います。
販売装置:(指示装置から出された)販売指示を受けて、選択された商品を「取出し口」へ送り出します。
『自動販売機20年史』では、自動販売機の基本的な機能(およびそれを荷うユニット)としては主に次のものから成る、と説明されています。

「セレクター」(「アクセプター」「正貨受入」とも)や「リジェクター」(「偽貨排除」ともいう):投入硬貨の真偽をチェックし貨幣の種類を判別します。
「チェンジャー」:投入硬貨の係数や販売信号の発信、釣銭の排出などを行います。

商品が落下する構造の物
缶・ペットボトル飲料自動販売機
本体部・商品棚の後ろ側には商品のストックが入っています。コインを入れましてボタンを押せば内部の電磁コイル等が通電しまして、商品を出します。また、下にベルトをつけまして、一度落下させた商品を上に持ってくることで取り出しやすくした自動販売機も存在します。しかし、このベルト式は一度下に落ちた物体をまた上に運ぶという重力に逆らった方法から、開発当初から故障が後を絶ちません。

以前は販売する商品にあわせ機械側の調整が必要なものでしたが、昨今その調整を自動で行う無調整機構というものも開発されています。この方式であれば、仮に間違って商品を投入しても詰まることなく商品が払い出されまして、故障の低減に一役かっています。

また、小型ペットボトル容器が登場しまして、ペットボトル自体の素材から投入の際に詰まり易いという弊害も出てきています。しかし蓋をして持ち運べるという観点から、その需要は今も急速に伸び続けています。

通常、屋外にある販売機では取り出し口は手前引きとなります。これは雨水などの浸入を防ぐ衛生上の配慮です。

瓶飲料自動販売機
缶飲料同様の自動販売機も存在します。仕組みは缶飲料の自動販売機とほぼ同じだが、ペットボトル同様詰まりやすいという欠点を持っていました。缶と異なり、瓶が横方向に滑るように落下するのではなく、買い手の手前方向に落下します。

汎用型自動販売機
パン類や菓子類の自動販売機の場合、前面がショーウインドー状になっておりましてスイッチを押すと選択した商品の載った渦巻状のラックが回転し商品を前方の取出口に落下させるスパイラル式のものがあります。他にもバケットが受け取りに向かいまして、バケットにコンベア上の商品を掻き出すものもあります。これらは汎用性が高く、パン類や菓子類以外にも使用されます。特異な例としては入院着というものもあります。

商品を引き出す構造の物
瓶飲料自動販売機
近年ではあまり見かけませんが、コインを投入しまして、買い手自らストックされた瓶を引き出す構造の物もあります。金銭を投入することにより、金額に達した商品のロックが外れまして、引き出せる構造になっています。缶飲料が普及する以前は、飲料の販売機はこの形式が主流でした。瓶の栓抜きが販売機前面に固定されておりまして、瓶の王冠を引っかけて、この原理で瓶を下げることにより、王冠が外れる仕組みです。また外れた王冠は、自動的に王冠のホルダーに落下する仕組みとなっていました。

現在では、かつての瓶飲料の販売機と似た構造を持った販売機を宿泊施設の冷蔵庫などに見ることができます。この場合、後払い方式が採用されています。基本的にはストックされた飲料のストッカーにスイッチが付いておりまして、それを引き出すことにより、スイッチが働く仕組みとなっています。冷蔵庫には通信機能がありまして、それを宿泊施設のコンピューターなどが検知、チェックアウト時に精算します。ストッカーの形状に合わせて、瓶飲料のみならず、缶飲料など多種の飲料を販売しています。

扉を開けて商品を引き出す構造の物
落下などの衝撃を与える事のできない商品、多種の商品を選択させる場合、大型の商品を扱う場合などに用いられます。

円盤に商品が乗っている物
構造は、数段の円盤上の棚に、商品が並べられ商品と商品との間は仕切り板で仕切られています。1つの円盤上には6〜8程度の商品が並べられまして、回転ボタンを押すことにより商品が循環する仕組みとなっています。希望の商品が手前に来た時点で回転ボタンを放しまして、扉を開け、希望の商品を取り出す仕組みです。大衆食堂や、ドライブイン、学生食堂、社員食堂などでは、おかずやおつまみの販売、鉢植えの花などの販売に用いられています。

コインロッカー型の物
農作物の無人販売スタンドなどでは、前面の扉を透明な樹脂にしましたコインロッカーのようなキャビネットを設置しまして、内部に商品(野菜や果物、鶏卵など)を入れ「利用料金を支払って施錠する」コインロッカーとは逆転の発想をした「代金を支払うことによって商品を取り出せる」料金徴収方法を採っています。ただし、支払い以前に商品を手にとって鮮度を確認することはできません。

多機能化
ポイント加算機能
商品を購入した際にカードのポイントを加算する機能のある自動販売機が存在します。ダイドードリンコでは磁気カードにポイント加算する「CLUB DYDO」というシステムを設置している自動販売機があります。ほかに、Tポイントの加算ができる自動販売機もあります。

災害時対応
災害時には炊き出しの一種としまして、自動販売機の中の飲料を無料で提供可能なフリーベンド機能も導入が始まっています。これは、地域で災害が発生し自治体などと設置業者の間に結ばれた協定に基づいた状況になった時に、徒歩などで帰宅する者(→帰宅困難者)や断水などにより飲料水を絶たれた地域住民の急場の需要を満たすもので、内部スイッチを手動・遠隔操作・自動で切り替えることで内蔵された飲料を無料で提供することができます。中には電光掲示板を設置したタイプもありまして、インターネット回線を介してメッセージの変更が可能となっておりまして、災害時に情報提供を行えるようになっています。商品の提供方法については、通常の販売と違って金銭を投入しなくてもボタンを押すだけで商品が出るというだけに過ぎず、基本的に停電の場合には自動販売機そのものが動作しないため、飲料提供は困難となります。

ただこういった停電により停止した自動販売機内の商品も、メンテナンス業者や店舗側の好意で被災者に提供される可能性もあります。南海電気鉄道は2007年9月1日に同社の管理する自動販売機のうち、なんばCITYにフリーベンド機能付きのもの13台を設置したほか、同社が商品として各売店などに一定量在庫している計約1万本の飲料を災害発生時に提供する意向を発表しています。

また自家発電設備のあります施設以外に設置するためのフリーベンド対応機種としまして、バッテリーなど内部電源をもち、外部電源が切断した場合には電力消費の激しい飲料の冷却・保温と表示用照明を停め、飲料提供機能のみ動作させる自動販売機も登場しています。

自動体外式除細動器(AED)
自動体外式除細動器を搭載した自動販売機も増えています。

無線LANアクセスポイント
公衆無線LANアクセスポイントを搭載した自動販売機も増えています。愛知万博で試験が行われ、タケショウはFree Mobileの名称でアサヒ飲料の自動販売機への無線ルーター搭載をすすめています。

防犯カメラ
東京都足立区では、防犯カメラを内蔵して街頭を撮影する飲料自販機が設置されています。キリンビバレッジが警視庁西新井警察署と協力して運用しています。

自動販売機の問題点と対策

待機電力
飲料の自動販売機は消費電力が大きく、ひとつの家庭に匹敵するほどの電力を要します。省エネルギーの観点からは問題があるため、エネルギー効率の改良も続けられています。

筐体上部にソーラーパネルを設置しまして日中に太陽光発電を行いまして、夜間照明電力を賄う自動販売機もあります。

景観問題
光害の問題や景観に対する悪影響も指摘されています。特定商品の自動販売機では製品の宣伝を兼ねる関係から色彩や形態に意匠が凝らされる傾向もありますが、この意匠が景観を損なうことがあります。このため景観に配慮した自動販売機も見られまして、設置の際に目立たないように工夫される場合もあります。

通行障害
自動販売機は私有地から公共地である道路にはみ出して設置してある場合がありまして、通行の障害となることがあります。これに対しては、設置者側の対応や機器メーカー側も薄型の販売機を開発し導入しています。

ごみ問題
飲料の自動販売機では周囲に空缶などが散乱してしまう問題があります。空缶回収ボックスの設置と回収管理と共に利用者のモラル向上が大変重要となります。

煙草・酒類の販売

煙草の自動販売機による販売は、日本・ドイツ以外のほぼ全ての国で規制されています。酒については、自動販売機で売られているのは世界で日本だけです。

日本では、煙草、ビールなどアルコール飲料類の自動販売機の販売時間や設置場所に制限を設けています。煙草やアルコール飲料の販売機は国税庁の認可や免許が必要なほか、成人識別自動販売機以外の自販機では、自主規制で23時から翌朝5時まで販売停止されておりまして、市町村や都道府県レベルの自治体による条例で、設置場所や販売時間に制限が課されていることが多いです。

アルコール飲料の自動販売機の場合、成人識別自動販売機以外の自販機については、深夜から翌朝の間の販売停止については罰則があります。タバコの自動販売機は2008年7月以降、全部成人識別自動販売機となったことで、1996年4月1日より行っていました屋外設置のたばこ自動販売機の深夜(午後11時から午前5時まで)稼働自主規制について、2008年8月1日から解除されました。なお、販売停止されていた場合は、押しボタンが全て「売切」の点灯状態になっていました。

煙草自販機は、設置を禁止する旨の提言がなされました。これらの問題点に対して、日本はWHOなどから名指しで批判されていることから、たばこ自販機は2008年より社団法人日本たばこ協会(TIOJ)らはtaspoによる成人識別自動販売機の導入を開始しました。しかし、カードの貸し借りや無断使用の可能性もあります。実験的に導入した種子島では補導数が減少と増加の両面が見られたことから、同カードによる効果に疑問が呈されています。

煙草自動販売機については、地方税法上は設置業者から日本たばこ産業とその関連会社が発注を受けまして、設置業者(店舗か自動販売機かは問わない)の所在する自治体に対し市町村たばこ税を納税することになっています。これについて、大阪府泉佐野市など一部の自治体が、企業誘致条例に基づき、自動販売機設置業者が別の自治体内で大量に販売した煙草]を、行政区域内に1台のみ設けられた煙草自販機から発注したように書類操作しまして、多額の税収を得ていたことが判明しています。該当の自治体が、見返りに業者に対し奨励金を支払っていることも判明しています。地方税法上、この手の書類操作には罰則規定は無いが、総務省では、「地方税法上の趣旨を逸脱している」としておりまして、実態調査を実施したいとしています。

窃盗問題
自動販売機が普及すると、これを標的にした窃盗も現れました。自動販売機窃盗は加害者から被害者の顔が見えないため、心理的な障壁が低いです。窃盗は機械に誤認識させる知能的な窃盗と機械を破壊する暴力的な窃盗に分かれます。

1990年代前半には護身用のスタンガンの高周波を悪用しまして、自動販売機内部の硬貨選別装置を誤動作させまして硬貨を盗み出すという手口まで現れました。現在は対策が施されており不可能です。その他、コイン投入口から洗剤を入れて内部回路にダメージを与える等の多彩な攻撃手法が試みられています。

また、韓国の500ウォン硬貨を変造し500円硬貨として不正利用する事件が相次ぎ、500円硬貨は改鋳を余儀なくされました。当時の価値で500円硬貨のおよそ10分の1だった500ウォン硬貨(発行開始日:1982年6月11日)は500円硬貨(発行開始日:1982年4月1日)と比べて重さが0.5gほど重いだけでありまして、素材金属の混合比や外径は同じでした。そのため、貫通しない程度に穴をあけたり表面を削り落とすなどして重量を調整してやると自動販売機が500円と誤認識しました。紙幣の場合、犯罪を減らすため紙幣を投入可能なものでは紙幣識別機が搭載されています。

機械の破壊に対して、頑丈な鍵と扉を設置するなど物理的対策が取られることもあります。これは完全に破壊されるまでの時間稼ぎに過ぎず、その間に犯罪の発覚を期待するか犯罪遂行を断念させるかでしかなく、決定的な防犯対策とはなっていません。なお、現在では携帯電話・PHS・無線LANを利用して在庫情報の管理や機械の破壊に対しての緊急通報を行う機能を持つものも存在します。このような犯罪行為を防止するため、自動販売機は通常、人の目が届く場所に設置されます。例外的に日本では屋外での設置が広く普及しておりまして、日本の景観上の特色にもなっています。

2000年代に入り、現金(紙幣・硬貨)やクレジットカード、キャッシュカードなどの偽造が増えたため、識別器(紙幣センサー、コインセンサー)の能力の強化が図られています。

2000年代あたりから、一部には電子プリペイドカード、(また2010年代あたりから)携帯電話機でのみのキャッシュレス決済を行う自動販売機が設置されつつあります。これらには自動販売機内部に金銭を置かないことで窃盗犯に狙われにくくする副次的な効果もあります。ただし、キャッシュレス決済手段自体がまだその普及を急いでいる段階でありまして、現時点では逆に小銭しか持っていない顧客を取りこぼすデメリットを抱えています。

多様な決済やキャッシュレス化への対応
(現金目当ての窃盗対策も兼ねている面があるが) 2010年代ころから、現金やクレジットカード以外の支払方法として携帯電話やFeliCaを利用した決済方法Cmodeや、Edy・Suicaなどの電子マネー、iDやPiTaPaなどのポストペイで支払う販売機も登場しました。特に酒や煙草の自動販売機では、年齢認証付きの電子マネー専用とすることで、20歳未満への販売を防止できる効果もあります。

中国では2010年代後半になりまして(有人販売だけでなく)自動販売機も急速なキャッシュレス化が進み、現金を受け付けない自動販売機も増えました。


上記の犯罪以外にも、販売商品の中身を毒物に入れ変えた瓶飲料を取り出し口に置き去りすることによる殺人事件も過去に発生しています。

主な自動販売機メーカー
富士電機 - 元々は子会社の富士電機リテイルシステムズ(旧 富士電機冷機)が担っていましたが吸収合併して直営にしました。三洋電機の自販機部門(旧 三洋電機自販機)も買収・子会社化(吹上富士自販機)の後、旧リテイルシステムズへ統合しています。また、2017年末に事業撤退したクボタからアフターサービスと海外製造子会社を承継。業界1位。
サンデン - 旧・東芝機器のカップ機事業を買収。独立系。
パナソニック産機システムズ - パナソニック子会社。組織上はパナソニック アプライアンス社傘下。
芝浦自販機 - 旧・芝浦製作所自販機部門、東芝系芝浦メカトロニクス子会社東芝機器→解散。
グローリー - 旧・グローリー工業。販売子会社のグローリー商事を吸収合併し現社名に。
NECマグナスコミュニケーションズ - 旧東洋通信機自販機部門のネッツエスアイ東洋を吸収合併。NECグループ(NECネッツエスアイ子会社)。
Fujitaka

自動販売機は、いろいろな種類・対策などありますね…
今後の自動販売機に期待しながら商品を購入しましょうね。

puffer-5


時間つぶしに通りがかりの公園に寄りました。
日曜で家族で遊んだりが多くて楽しそうですね。

公園に関しましての説明いたします。

公園(こうえん)とは、公衆が憩いまたは遊びを楽しむために公開されました場所(区域)です。従って公共性の高い団体・組織によって供され運営されることが多いです。対象となる場所は目的に適したように整備されますが、元々の自然状態を保つことが優先される場合もあります。

歴史的に庭園や遊園地と重なるあるいは包含する概念です。

公園には、次のようなものがあります。

・市街地の一区画に草木を植え、噴水を設置する等して憩いの場としたもの。
・市街地の一角に子どもの遊具を設置し(置かれるものはジャングルジム、すべり台、ブランコと一定している)、遊び場として整備したもの(遊び場、街区公園、児童遊園など)。
・都市または地域の中枢に位置し、都市または地域住民全員の利用を対象として整備された緑地、広場。城跡などの史跡を活用したり、運動公園を配している場合もある(都市公園など)。
・動物、植物などを自然に近い状態で人に見せるためのもの(動物公園、植物公園、森林公園など)。
・自然の景観や動植物、地形などを保護するために指定された地域(国立公園、国定公園など)。

語義と概念
専門用語としての公園
都市計画学や造園学などの分野で専門用語として使われます「公園」は英語Public park(パブリックスペース)の訳語で、緑地の一形態です。 公園は公衆の利用を前提とする土地ですが、用地を確保しまして、施設整備を行う営造物公園と、地域を指定して規制により質的な維持を行う地域制公園に大別されます。児童遊園、また都市公園法での街区公園、動物公園、都市公園、森林公園などは営造物公園に、国立公園、国定公園は地域制公園に属します。

欧米における近代公園の概念
「公園」の概念はイギリス市民社会の成立と同時進行で形成されました。良好な環境を享受する権利や散歩などの運動を行う権利が市民のもつ当然の権利(市民権)として主張されまして、森林法と森番(Gamekeeper)が市民を遠ざけていた王の私的な狩猟園地(Park)林苑を公衆の利用に開放したものが公園(Public park)の始まりです。

米国においては王がいなかったのでParkはPublic parkの意味である、逆に狩猟園地をGame Parkと呼びます。

世界の公園
主な世界の公園の一覧
アジア
中華人民共和国
・景山公園(北京)
・烏龍潭公園
・九華山公園
・玄武湖公園
・広州起義烈士陵園
・国防園
・上海共青森林公園
・清涼山公園
・太陽島
・中山公園 (大連)
・中山公園
・莫愁湖公園
・白馬公園
・地壇公園(北京市の公園の一覧)
・頤和園
・九龍公園(香港の公園)
・香港公園
・香港海洋公園
・香港湿地公園
・旅順軍港公園
・労働公園
中華民国(台湾)
・墾丁国家公園
・金門国家公園
・墾丁国家公園
・雪覇国家公園
・台江国家公園
・大屯国立公園
・太魯閣国家公園
・次高タロコ国立公園
・新高阿里山国立公園
・新港鉄道公園
大韓民国
・5.18記念公園
・エキスポ科学公園
・済州ラブ・ランド
・島山公園
・盆唐中央公園
・栗洞公園
・龍頭山公園
・岩寺先史遺跡
・ソウル大公園
・オリンピック公園 (ソウル特別市)
・ソウル子供大公園(ソウル特別市)
・ソウルの森(ソウル特別市)
・ソウル広場(ソウル特別市)
・タプコル公園
・マロニエ公園
・汝矣島公園
タイ
・クイーン・シリキット公園
・チャトチャック公園
・ベンチャシリ公園
・ルンピニー公園
シンガポール
・マーライオン公園
北中米
アメリカ合衆国
・セントラルパーク(ニューヨーク)
・トンプキンス・スクエア(ニューヨーク)
・フラッシング・メドウズ・コロナ・パーク(ニューヨーク)
・ユニオンスクエア (ニューヨーク市)
・ハイ・トア州立公園(ニューヨーク州)
・ベア・マウンテン州立公園(ニューヨーク州)
・ミル・エンズ公園(ポートランド) - 世界一小さい公園
・グラント・パーク (シカゴ)
・ミュージアム・キャンパス (シカゴ)
・ゲティスバーグの古戦場
・ミレニアム・パーク
・リンカーン・パーク
・アメリカ記念公園
・砂糖王公園
・ボストンコモン
・ボストン・パブリック・ガーデン
・ミル・エンズ公園
・モアナルア・ガーデン
・アポマトックス・コートハウス
・カラウパパ国立歴史公園
・チャコ文化国立歴史公園
・バレーフォージ
・パロ・アルト戦場国立史跡
カナダ
・州立恐竜公園
・ヘイスティングスパーク
南米
ブラジル
・イビラプエラ公園
ヨーロッパ
イギリス
・ハイドパーク(ロンドン)
・リージェンツ・パーク(ロンドン)
・ギルウェル・パーク
・ブレッチリー・パーク
アイルランド
・フェニックス・パーク
フランス
・リュクサンブール公園(パリ)
・ヴァンセンヌの森
・シャン・ド・マルス公園
・ソー公園
・ブローニュの森
・ラ・ヴィレット公園
イタリア
・ボルゲーゼ公園
ドイツ
・ティーアガルテン(ベルリン)
・ニンフェンブルク宮殿
・ムスカウ公園
・ルストガルテン
オランダ
・アムステルダムセ・ボス
・フォンデル公園
スペイン
・シウタデリャ公園
ノルウェー
・ヴィーゲラン彫刻公園
ウィーン
・アウガルテン
・プラーター公園
ポーランド
・ワジェンキ公園
ウクライナ
・アスコルドの墓
・オレクサンドリーヤ (庭園)
ロシア
・ゴーリキイ公園
アフリカ
オセアニア
・パロネラ・パーク

日本の公園
日本における近現代公園史
日本の公園は、明治時代以降に開設されました。これより以前に、江戸時代には仙台に桜の馬場(1695年(元禄8年) 現在の榴岡公園)など各地に馬場が存在しまして、社寺境内と同様に鑑賞樹木を植栽し見世物小屋や射的、茶屋などが出店しにぎわいをみせていました。

明治に入ってからは神戸の外国人居留遊園(1868年(明治元年))と北海道開拓史偕楽園(1871年(明治4年) 現存せず)、横浜の山手公園(1870年(明治3年))が存在しました。明治期に入ってからすぐのものは、居留地の外国人専用などでありまして、日本国民にとっては公園ではなかったです。

太政官布告による公園整備
日本では、1873年(明治6年)1月15日の「明治6年太政官布告第16号」におきまして、

『三府ヲ始、人民輻輳ノ地ニシテ、古来ノ勝区名人ノ旧跡地等是迄群集遊観ノ場所 {東京ニ於テハ金龍山浅草寺、東叡山寛永寺境内ノ類、京都ニ於テハ八坂社、清水ノ境内、嵐山ノ類、総テ社寺境内除地或ハ公有地ノ類} 従前高外除地ニ属セル分ハ永ク万人偕楽ノ地トシ、公園ト可被相定ニ付、府県ニ於テ右地所ヲ択ヒ、其景況巨細取調、図面相添ヘ大蔵省ヘ伺出ヘシ』
—  明治6年太政官布告第16号

と定めまして、上知令により旧社寺地等を接収し公園としたのが営造物公園制度の始まりです。この布告で1873年3月25日国内最初の5公園が正式指定されまして、1887年(明治20年)頃までに約80ヶ所の公園が全国で設置されました。

江戸期から景勝地とされまして、明治期に公園として開設されました松島、天橋立、安芸の宮島(日本三景)や大名庭園であります偕楽園、兼六園、後楽園(日本三名園)などの公園の一部は、1919年(大正8年)制定の旧史蹟名勝天然紀念物保存法によりまして「著名ナル公園及庭園」として名勝に指定されました。

なお、1951年に当時の建設省から各都道府県知事に公園施設基準が通達されています。これによりまして、運動場と緑地計画標準案にあります運動公園とを区分しています。またこのとき、公園内の施設についての条件規程を定めました。 都市公園法の公布施行によっても、明治6年の太政官布達は廃止されておらず、依然として生きています。公園制定の法は過去に東京市区改正条例設定、特別都市計画法によります特別都市計画事業、神都計画によります公園があります。 都市公園法では、法令制定前に国有地に存続していました公園について、管理者である地方公共団体には無償貸付としまして、国有財産法上は、普通財産にしています。

自然公園(地域制公園)
国立公園法の制定
世界的に国立公園の指定の機運が高まりまして、これに対応して旧国立公園法が1931年(昭和6年)に制定され地域制公園が始まりまして、1957年(昭和32年)の自然公園法に引き継がれました。

地域制公園は自然公園法に基づく自然公園に代表されまして、国又は地方公共団体が一定区域内の土地の権原に関係なく、その区域を公園として指定し土地利用の制限・一定行為の禁止又は制限等によって自然景観を保全することを主な目的としています。

・国立公園
・国定公園
・都道府県立自然公園
また、海を含む国立公園、国定公園、国営公園の中に、海中の魚類資源の保護を目的としまして、海中公園が五七箇所で指定。海中公園とは、すぐれた海中の景観を保護しまして、その景観を大切に利用するために国が指定する地区です。

都市公園(営造物公園)
営造物公園について長く法整備は遅れていました。1956年(昭和31年)の都市公園法によりまして、体系化され公園の整備基準等が定められました。

都市公園は都市公園法第2条及び都市計画法第11条第1項〜第2項に該当する土地で、同法では「園路、広場、花壇、砂場、植物園、動物園、野外ステージ、プール、陳列館、売店、駐車場など」を備えた敷地としています。

都市公園法に規定されます都市公園には次のものがあります。

・「国営公園」広域的な利用に供するもの及び国家的な記念事業として設置するもの。
・「地方公共団体が設置する都市公園」街区公園・近隣公園・地区公園・総合公園・運動公園・広域公園等々
営造物公園は厳密には都市公園法に基づく都市公園に代表されまして、国又は地方公共団体が一定区域内の土地の権原を取得しまして、目的に応じた公園の形態を創り出し一般に公開する営造物で、、都市公園法に基づき、国、都道府県、市区町村が設置・管理しています。自治体等の都市計画関連部署は、都市公園法で規定されています都市公園及び特定地区公園を所管します。

公園に設置できる施設は以前、トイレや休憩所、災害用倉庫などに限られていました。2017年6月施行の改正都市公園法で、保育所や学童クラブ、高齢者福祉施設などが加えられまして、レストランも出店しやすくなりました。

類似しているものとしまして、旧厚生省 所管、児童福祉法に基づく児童遊園、厚生年金による年金公園などや市区町村の条例に基づく公園などがあります。なお○○遊園(遊園地)と名乗るものや○○パークと名乗るものは、例外はありますが大抵は法人経営のものです。

住区基幹公園
・街区公園(従来は児童公園と称した)
半径250m程度の街区に居住する人々が利用する0.25haを標準とする公園です。
・近隣公園
半径500m程度の近隣に居住する人々が利用する2haを標準とする公園です。
・地区公園
半径1km程度の徒歩圏内に居住する人々が利用する4haを標準とする公園です。全国各地にあります中央公園と称する公園はこの類のものが多いです。

都市基幹公園
・総合公園
市町村全域の人々が、総合的に利用することを目的とした公園です。
・運動公園
市町村全域の人々が、運動に利用することを目的とした公園です。

大規模公園
複数の市町村に住む広範囲の住民が利用することを目的としました公園です。
・広域公園
主として一の市町村の区域を越える広域のレクリエーション需要を充足することを目的とする公園で、地方生活圏等広域的なブロック単位ごとに1箇所当たり面積50ha以上を標準として配置します。
・レクリエーション都市
大都市その他の都市圏域から発生する多様かつ選択性に富んだ広域レクリエーション需要を充足することを目的としまして、総合的な都市計画に基づき、自然環境の良好な地域を主体に、大規模な公園を核としまして各種のレクリエーション施設が配置される一団の地域でありまして、大都市圏その他の都市圏域から容易に到達可能な場所に、全体規模1000haを標準として配置します。

特殊公園
風致公園、動物公園、植物公園、歴史公園、墓園をいいます。なお植物園や動物園は、博物館法という日本の博物館の基本法の定義では、同じ社会教育機関として位置づけられています。植物公園の中には、近年の施策として都市住民の緑化意識の高揚と植栽知識の復旧等を図りまして、都市緑化の推進に資することを目的に、緑の相談所や教材園(見本園)を設置した都市緑化植物園などがあります。墓園とは、墓地、埋葬等に関する法律第2条第4項に規定する墳墓、すなわち死体を埋葬し、又は焼骨を埋蔵する施設の集合を包括する一団の土地で、静的な公園の機能を併せ持つ施設をいいます。東京都所管では多磨霊園、八柱霊園などがあります。

国営公園
国営公園は複数の都道府県の住民が、利用することを目的とした公園です。国営なので通常は国土交通省管理運営します。また近年の施策としてオートキャンプ場の整備が国(国営公園)や自治体(大規模公園)を中心に積極的に推進されてまして、質の高い快適なオートキャンプ場を続々新設するなど、施設面での環境整備を進めています。

緩衝緑地
緩衝緑地は大気汚染、騒音、振動、悪臭等の公害防止、緩和若しくはコンビナート地帯等の災害の防止を図ることを目的とする緑地で、公害、災害発生源地域と住居地域、商業地域等とを分離遮断することが必要な位置について公害、災害の状況に応じ配置します。

都市緑地
主として、都市の自然的環境の保全ならびに改善、都市景観の向上を図るために設けられている緑地でして、1箇所当たり面積0.1ha以上を標準として配置します。但し既成市街地等におきまして良好な樹林地等があります場合あるいは緑化樹木を植樹することによりまして都市に緑を増加又は回復させ都市環境の改善を図るために緑地を設ける場合にあってはその規模を0.05ha以上とします。

都市林
主として動植物の生息地または生育地であります樹林地等の保護を目的とする都市公園です。都市の良好な自然的環境を形成することを目的として配置します。

緑道(緑道公園)
緑道は災害時における避難路の確保、市街地における都市生活の安全性及び快適性の確保等を図ることを目的として近隣住区又は近隣住区相互を連絡するように設けられる植樹帯及び歩行者路又は自転車路を主体とする緑地です。幅員10〜20mを標準としまして、各都市施設(公園、学校、ショッピングセンター、駅前広場等)を相互に結ぶよう配置します。

国民公園
国民公園は、環境省設置法に基づき、環境省が維持及び管理を行っている公園です。皇居外苑、新宿御苑、京都御苑の3箇所と千鳥ヶ淵戦没者墓苑です。

施策別・事業別公園の分類
特定地区公園(カントリーパーク)
都市計画区域外の一定の町村における農村漁村の生活環境の改善を目的とする公園です。面積4ha以上を基準として配置します。第三次全国総合開発計画の地方定住構想の趣旨を受けまして、都市計画区域外の一定の農山漁村の地域において、住民の文化、スポーツ面で都市的な施設に対する要求に応えるとともに、生活環境を改善するため、都市公園における地区公園相当規模(標準面積4ha)の公園に応じまして、1990年から補助が行われています。

防災公園
防災公園とは「地震に起因して発生する市街地火災等の二次災害時における国民の生命、財産を守り、大都市地域等において都市の防災構造を強化するために整備される、広域防災拠点、避難地、避難路としての役割をもつ都市公園および緩衝緑地」としています。

都市の中に確保されたオープンスペースは、都市災害の避難場所という安全性向上の役割や、都市環境の保全というような役割がありますが、都市の公園や緑地も本来防災機能を有してまして、多くは従来から避難地に指定されていますが、防災まちづくり#防災公園にあるとおり、防災的役割を担う都市公園の中でもとりわけ高い防災機能を持つ都市公園を国土交通省が整備を推進しています。

防災公園は、その規模や機能により都市公園を次の5種類に区分されます。

・広域防災拠点の機能を有する都市公園。広域公園等
・広域避難地の機能を有する都市公園。都市基幹公園、広域公園等
・一次避難地の機能を有する都市公園。近隣公園、地区公園等
・避難路の機能を有する都市公園。緑道等
・石油コンビナート地帯等と背後の一般市街地を遮断する緩衝緑地。
さらに、このほかに、身近な防災活動拠点の機能を有する都市公園(街区公園等)をも含めて「防災公園等」と称しています。災害等の生命に関わる緊急時において、これら防災公園は、防災関連施設と連携し活用されまして、地域防災計画や災害復興計画等に基いて運用されます。

記念公園
何らかの出来事等を記念して設置する公園で、「○○記念公園」という名称の公園となることが多いですが、名称に「記念」の文字がなくても都市公園等で大規模なものは大概何かを記念して公園を設置しているケースが多いです。

自然生態観察公園(アーバン・エコロジー・パーク)
都市化の進展による自然環境の減少に伴いまして、都市内において野鳥等の小動物と接する機会が、減少している一方、野鳥や昆虫等と身近にすることへのニーズは年々増加しまして、都市内において小動物のオアシスとなるべき質の高い緑地環境の保全創出を図る必要から、都市に自然を呼び戻し、人間と生物がふれあえる拠点整備を目的とした公園です。

ふれあい公園
高齢化社会に対応した都市公園整備の一環としまして、基幹公園から大規模公園までを対象に、高齢者と子供がともに楽しめるように配慮した都市公園として整備される公園です。通常の公園機能に加えまして、ゲートボールや簡単な球技のできる多目的広場を設置するものとしています。

地域活性化拠点公園(リゾートパーク)
産業転換を図ろうとする業種の工場・倉庫跡地及びリゾート地域です。これらを地方公共団体により都市公園の整備、及びこれと一体となったリゾート施設を民間活力の積極的活用により整備することにより、良好な環境と景観を備え、公開性を有し、低廉な料金で利用できるリゾート施設等の整備を図ることを目的としています。

相互に関連した次の3区域からなります。

・都市公園区域(リゾートパークの中核となる都市公園を整備する区域)
・都市計画公園区域(都市計画公園のうち、都市公園を除いた区域で、特殊事業により公共性の高い民間施設を整備する区域)
・民間施設区域(その他の民間施設の整備を促進する区域)

交通公園
交通公園は児童の健全な遊戯とあわせまして児童に交通知識や交通道徳を体得させることを目的として設置される都市公園で、園内には信号機、横断歩道、道路標識など、道路を模した施設(コース)が設けられておりまして、遊びながら交通ルールを学ぶ事も出来る仕組みになっています。自動車の急増と児童の交通事故が大きな社会問題となってきた背景を受けて1962年(昭和37年)発行交通公園設置運営要領により定められまして、1963年(昭和38年)11月に国内初の交通公園 兵庫県立西武庫公園(兵庫県尼崎市、2012年4月に兵庫県から尼崎市へ移譲)が開設されました。

大通り公園
100m道路などに面して造られる細長く延びる大規模な都市公園で、成り立ちから考えれば当然のことながらこれらの公園は「公園」というより「広く造られた舗道」という印象をもちます。大通公園(札幌市)、大通り公園(横浜市)、久屋大通公園(名古屋市)などがあります。

保存緑地と公開緑地
保存緑地は緑の保全を図るため、樹林地、樹木等を保存緑地として指定する制度で、各自治体等で条件に該当するものを指定の対象としています。公開緑地は緑の活用を図るため、公開できる緑地として指定する制度で、都市計画区域内において遊休となっています私的空閑地について土地所有者と地方公共団体との間で土地の使用について契約を結んで施設の整備を行いまして、整備後は都市公園として設置します。児童公園的な利用が図られる児童公園型や既存樹林を利用しまして林間レクリエーションの場を提供する市民の森型などに分類することができます。

その他の公園
その他の省庁・自治体ほかが関係する造営物公園には、次のような事業等により、次のようなものがあります。

河川公園(河川環境整備事業・ダム湖活性用環境整備事業)
河川公園は一般には河川法(昭和39年法律第167号)第6条第1項に規定する河川区域内に設置する公園です。河川法に基づいて行われます河川整備事業のうちの河川環境整備事業での、環境護岸、せせらぎ水路、散策路等の整備を行う「河道整備事業」と河川水面利用の適正化や推進を図る「河川利用推進事業」などで設置されたりしますが、大半は都市計画法(昭和43年法律第100号)第11条第1項に規定する都市施設を除いたものである場合が多いです。河川区域のうちダム周辺を整備する(公園化する)事業は、主にダム建設事業完了により生じたダム湖・貯水池周辺の跡地を整備して公園化するものでありますが、これも都市公園にしない場合が大半です。

海岸環境整備事業
水産庁が所管する環境整備事業で、国土保全との調和を図りまして、国民の休養の場としてその利用に供するため海岸環境の整備を行いまして、併せて快適な海浜利用の向上及び背後地の生活環境の保護に資することを目的としています。

港湾環境整備事業
旧運輸省所管の環境整備事業で、主に海湾の汚泥浚渫の「港湾公害防止対策事業」、廃棄物処理を目的としました「廃棄物処理施設整備事業」の他、緑地の整備や海域環境の改善・自然再生などを目的としました「港湾緑地等整備事業」があります。港湾を場とする物流活動生産活動の集中等に伴う港湾環境の悪化に対処するとともに,「緑の港」として市民に憩の場を提供することを目ざして昭和48年度から港湾における緑地,広場等の整備を行う港湾環境整備事業を実施しています。翌年から東京,大阪,直江津等64港で事業費58億円をもちまして,緑地,広場,植栽,休憩所等の整備を行い始めました。また港湾環境の保全のための事業として港湾公害防止対策事業,廃棄物処理施設整備事業等をも行っています。

海上公園
海上公園は港湾施設に設ける、都道府県の港湾局や農林水産部等で設置・所管する公園の総称です。通常は都道府県が公園事業化計画を立て、場合によっては地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百四十四条の二第一項の規定により、設置及び管理について必要な事項を定め運営します。名称としては海浜公園、ふ頭公園、海釣り公園などがあてられています。

港湾緑地
港湾法第2条第5項第9号の3に基づく港湾環境整備施設として整備された公園を指します。地方自治体の条例(港湾緑地条例など)によって、防災拠点緑地、避難緑地、緑のオープンスペースの確保、埋立により失われた水際線、動植物の生息環境の復元、さらには臨海部の就業者の就労環境及び住民の生活環境改善を図るなど、地域の特性に応じた整備を行っている場合が多いです。また、港湾に立地する民間事業者の協力のもとに、港湾管理者がその用地を借り上げて親水緑地を整備することや港湾を場とする物流活動、生産活動の集中等に伴う港湾環境の変化に対処するとともに、「緑の港」として市民に憩の場を提供することも目指しています。1973年(昭和48年)の港湾法改正で制度化されました。

砂防環境整備事業
砂防法第2条の規定による砂防指定地内において、優れた自然環境や社会的環境を持つ地域等の渓流において、自然環境との調和を図り、緑と水辺の空間を確保することによる生活環境の整備、または、景観・親水性の向上や生態系の回復等を図り周辺の地域環境にふさわしい良好な渓流環境の再生を目的とします。都道府県知事が施行する砂防工事のうち、特に渓流環境の整備が必要と認められるもので、次の各項に該当するものを公園化等を実施します。1件あたりの事業費は3億円以上が対象です。

・直接的に土砂流の被害を受けるおそれのない区間において、特に環境整備を必要とするもの
・周辺の都市環境に対し、渓流環境が著しく劣悪であるもの
・優れた自然的、歴史的環境を有し、かつ地域計画に関連した地域で、周辺環境及び当該計画に対し、渓流環境が著しく劣悪であるもの。

農村公園/農業公園
農村公園/農業公園は農林水産省 所管の農村生活環境基盤整備事業の施策にあります。

「いこいの村」
旧労働省 所管。全国に建設した勤労者のためのレクリエーション施設です。

こどもの国
こどもの国は旧厚生省 所管。

「風土記の丘」
風土記の丘は文化庁が所管します。地方の代表的な遺跡を中心に遺跡の周辺を整備しまして、その地方から発掘された埋蔵物などを収蔵展示する立派な資料館がありまして、公園のような造りになっていますが、憩いの場所というよりも、むしろその地方の歴史を学ぶ場という形態をとっています。所によっては、歴史公園として登録されているものもありますが、公園として登録はされていないものが多いです。

自然の中で私たちの祖先が残した遺跡に触れながら古代のロマンを想うことができる憩いの場所です。

史跡公園
文化庁の文化財保存事業(史跡等活用特別事業費国庫補助金)、史跡等活用特別事業などにより整備される公園です。指定を受けるためには、遺跡が国の史跡指定を受けとることが必須条件です。

ふるさと公園
地方部における都市公園の整備の推進と、中心施設として地元と都市の協力によってコミュニティビレッジ等の施設や農林業体験施設などを整備しまして、それらの施設の活用によって都市部と地方部の居住者のふれあいを推進する公園です。

ふるさと創成公園
旧自治省 所管のふるさと創生事業-ふるさと創成基金や地域づくり推進事業、地域総合事業によって造られています。例えば、支援事業リーディングプロジェクトで新潟県では「福島潟生態園整備事業」により福島潟の失われかけています自然環境を復元しまして、多くの人々が自然とふれあい、自然を学習する場となるような公園を整備します。ダム公園は、自治省がすすめる「神話と鉄」をテーマにした、広域文化圏観光ルート(安来市、広瀬町、横田町、仁多町、大東町、吉田村)事業の一環として取り組んだもの、があります。

買物公園 編集
北海道旭川市の平和通買物公園や仙台市の一番町四丁目買物公園、一番町一番街買物公園(一番町 (仙台市)参照)などがありますが、これらは歩行者専用道路です。

ポケットパーク(vest pocket park)
本来はニューヨークのペイリーパークのようにかなり小さな敷地に設ける公開施設の意味でして、都市生活の中での潤いや休憩のために整備されます市街地の空地や、建物前の小広場等を利用して設けられる比較的小規模な空間のことです。公有地に限らず民有地の借用も含めて、バス停など道路施設を中心に整備されたりするほか、道路予定地を仮に施設整備しておく際に設置される場合もあります。一般の公園と比べて、規模は相当小さいが、都心部等、オープンスペースの少ない地域では、魅力的なくつろぎの空間となります。

エアフロントオアシス
空港近くにある公園です。

都市公園以外の公園
「都市公園以外の公園」とは、都市公園以外の都道府県立又は市町村立の公園または緑地をいいまして、当該自治体が当該公園または緑地に設ける公園施設に準ずる施設を含むものであります。自治体で公園条例および公園条例施行規定などを制定し、法第○条第○項に規定する公園施設をいう、などと規定しています。公園施設で名前の最後に「公苑」としているものや「ひろば」としているものはたいていこの類です。また立体公園制度がない時代に浄化センター等に設置された屋上公園などは、こうした措置をとって設置しています。

「夙川公園」も都市計画道路として事業決定したので、正式名は夙川河川敷緑地としています。

個人私有地または法人経営における公園
個人私有地であっても公園と名乗ることに対しての罰則規定等は存在しません。したがって、福島県にある花見山公園のようなものも存在することになります。また法人経営の強羅公園のようなものも存在します。

公園工事
国土交通省監修土木工事積算基準では、公園工事とは「公園及び緑地の造成整備に関する工事にあって、次に掲げる工事。敷地造成工、園地広場工、植樹工、芝付工、花壇工、日陰棚工、ベンチ工、池工、遊戯施設工、運動施設工及びこれらに類する工事」としています。

公園財団
日本には公園に関する組織として、一般財団法人 公園財団(こうえんざいだん、英名:Parks and Recreation Foundation)があります。

1974年、前身の公園緑地管理財団が創設され、2012年4月1日に「一般財団法人 公園財団」に改称しました。

1974年の財団設立以来、国営公園の管理運営、全国各地の都市公園等でのマネジメント業務を実施します。これを通じて日本の公園とレクリェーションサービスの向上を図ってきました。

この他、公園に関する調査研究機関であります公園管理運営研究所を併設。公園緑地の管理運営に関わる技術開発の他、世界の実情動向をも踏まえた専門家の育成や花と緑の文化普及と啓蒙活動にも取り組んでいます。

公園は、いろいろな分野がありますね。
公園でゆっくりしたり、楽しく遊んだりしてください。

↑このページのトップヘ