puffer-35


地方に単身赴任で鉄道もないから自家用車で通勤している毎日です。
地方ですから渋滞などの混雑が少なく目的地に早く到着できるのが良いですね。

自動車に関する説明を簡単にいたしますのでよろしくお願いいたします。

自動車は原動機の動力によって車輪を回転して軌条や架線を用いずに路上に走る車の事です。
鉄道とは異なり線路などの軌道を必要としませんから進路の自由が高い特徴があります。

自動車は人あるいは貨物を運ぶ為の実用の道具として用いられているものであり人の移動では通勤・通学・送迎・旅などに用いられています。
貨物ではトラック等を用いて多種多様な荷物が運ばれていて鉄道だと駅から駅の輸送しか出来ないのに対して自動車は建物から建物へと輸送できるのが特徴です。

また自動車は愛着の対象となり趣味的に所有したり運転の楽しみのスポーツ・ドライビングしたり機械いじりなどの整備したりで用いられています。

自動車は世界中で大量に普及した為に大気汚染の原因となったり石油資源の消費量によって石油危機時のリスク要因となったり、道路上の自動車の過密状態などの問題を引き起こしています。
課題の解決に向けた努力も続けられておりまして大気汚染防止の為に行政は排気ガス規制を行い自動車メーカーは消費する石油を減らす事で燃費の向上・低燃費エンジンの開発を行ない電気自動車・ハイブリッドカー・水素自動車などの開発・販売も行われています。

自動車を動かす事・操る事を運転と言いまして、ほとんどの国で公道(一般の道路)での自動車の運転には免許(運転免許証)が必要とされています。
自動車の最初期の段階から既に運転を誤る事故(交通事故)が発生しました。
自動車によって怪我をさせられたり命を失ってしまう人やその家族という被害者が生じまして同時に運転者が加害者として生きていかなければならなくなる事は自動車普及後の社会が抱え続けている重い課題のひとつです。
最近では単純な自動運転技術を越える本格的な人工知能と高度なセンサー類を用いて人間の助け無しでも走行できる自動運転車も研究されておりましてAIならば人間が運転するよりも事故率が劇的に減るであろうと期待されてまして一部で既に(実験的)導入が開始しておりまして、世界での本格的な普及開始の時期が近付いています。

自動車の生産は部品となる様々な工業品があって初めて可能となるので他の様々な工業の振興、一次的工業品の製造とも関連しまして、その規模の大きさ・影響の大きさによって政府にとっては自動車の製造は経済を支える重要な産業となります。
現在のところ一握りの先進国が自動車の生産を独占してしまっている様な状況にあります。
多くの発展途上国の政府が自動車製造を行う為に懸命の努力を行っているのは経済的な影響が大きいからです。

交通事故・交通違反などが減らないから運転の時は気を付けて行ってくださいね。